ジェットコースター

 

仕事

 

朝早い 夜遅い

帰れない

ご飯がまともに食べられない

座れない 腰が痛い 足が痛い

上司との相性

同期との温度差

相談できる人がいない

どう考えても改善できるのに「こういう業界だから仕方ない」と諭される

追い込まれすぎてトイレで隠れて泣くことなんてざら

 

体に悪いことをしているという、はっきりとした実感。

いつでも辞めてやるって毎日思う。

 

でも、

 

ライブを見ている時間だけは、何もかも忘れられる。

 

会場のいちばん後ろから見る照明はまるで花火みたいで、

客席では見渡す限りの人が同じ音楽に夢中になっている。

いい音楽を聴いて身をよじり、痙攣し、見つからないように恋煩いみたいなため息をこぼす。

あぁ私このためにこの仕事してるんだなぁ、

この仕事に就けてよかったなぁって、心からそう思う。

 

その繰り返し。

 

 

私生活

 

先月、約半年連れ添った恋人から用済みを言い渡された。

もう味もしないのだと、そんな風なことを言われた。

なんとか説得して、というより根負けさせて関係は続いたものの、

首の皮一枚

いつどうやってまた別れを告げられるのかわからない

些細なことでトゲのある言葉を投げかけられる

その度に傷を負う

そんな状況がしばらく続いた。

 

そんな彼の家に1ヶ月ぶりに行った。

もう触れることすら許されないと思っていたその手が、何事もなかったかのように私に触れた。

 

堰を切ったように何かが流れ込むような感覚があった。私はそれを愛だと思った。

 

「手上げてないだけでDVみたいだね」

浮かれた私に、友人の何気ない言葉が妙に刺さった。

わからない。毒が回った私にもう正常な判断はできない。

他の何を食べても味がしない。

 

そんなことを、きっとこれからも繰り返していくんだろうなぁ

 

 

 

 

from 愛に満ちた世界

 

もしも明日世界に最後の夜が訪れるとして

私は誰を想って眠りにつくのだろう。

 

選べるわけがない。

最後の夜、何かの手違いで4日ぐらい続かないかなぁ。

 

なんて贅沢なの。

 

こんな風に迷えるの、自分で言うのもあれだけどなんだか素敵じゃないですか。

私はこの人生、結構気に入っています。

 

これまでのたった一人との出会いが欠けても今の私はここにいなくて、

その出会い一つひとつがとっても愛おしい。

 

それはきっと、今の自分を肯定できているからなんだと思います。

 

 

私と出会った全ての人に健やかなる日々が訪れますように。

 

心穏やかな私より 愛を込めて。

それはきっと私が君といる理由

幼少期は毎晩絵本を読み聞かせてもらい、

大好きな音楽に触れながら大人になった。

 

※厳密に言えば大人になった自覚なんてものは微塵も無いのだが、今日に限ってはこの表現を用いることにする。

 

おかげで感受性は豊かなほうなのだけれども、

結局私はアウトプットの手立てを満足に持っていないので、

見たもの聞いたものに対する良し悪しははっきりと言える割に、自分の創作物に満足できたためしが無い。

 

何が言いたいかというと、

表現に長けた人ってほんとにすごい!

憧れる!素敵すぎる!一生敵わない!

 

仕事で日々プロの音楽に触れ、私生活では多彩な恋人の活躍を側で見守りながらふと

自分の不自由さを思い知ったのでしたとさ。

氷が溶けるような、そんな

 

生温い風。

ペダルを漕ぐ私の腰に回された彼の腕。

 

少し前までそこにあったはずの温度を忘れた私の身体は

もう夏も近いというのにすっかり凍りついていて

それを、凍らせた当人の指が、手が、順番に触れて溶かしていった。

 

なんなんだよほんと。呆れちゃう。

でも、あんなにも愛おしい体温を私は知らない。

悔しいなぁ。

結局、欲しかったんだろうなぁ。

 

この日のこと、私、ずっと忘れずにいたい。

 

 

まもなく7ヶ月が経とうとしている。

色恋でも同情でもない、妙に心地よいこの関係を

私たち なんと名付けよう。

 

【みきとP/ mikitoP】【Miku Hatsune/初音ミク】kiss【MikitoP& keeno/みきとP & keeno】 - YouTube

 

歌うことをやめ、音楽を仕事にしてから1ヶ月が経ちました。

長かったゴールデンウィークが終わり、今日からまた会社へ行きます。

 

この1ヶ月間、思うところがたくさんあったんですが、はっきりと言えるのは

私が生涯を通してやりたかった仕事は今の職ではないなぁということ。

 

仕事、めちゃくちゃ楽しいんですよ。

どんな小さな業務も音楽につながっていて、やり甲斐を感じています。

でも、好きすぎるがゆえの苦悩っていうんですかね、

仕事だからって割り切れないことが多くて困っています。

 

特に大きいのが、音楽を商材として扱うことへの抵抗です。

 

いい音楽と売れることがイコールでないにしても、会社としては動員を増やさないといけなくて。

 

綺麗事ばかりを言っていては成り立たないって、こういうことなんだろうなぁって。

 

同時に、自分にとって音楽は綺麗なものであってほしいんだとも思いました。

 

 

あとは単純に、音楽に触れながらも自分自身が音楽をできないという状況にそろそろ我慢ができなくなってきました。

 

何者になりたいわけでもないんですけど、ただ、音楽がしたいです。

 

 

いつか何とも感じなくなるんですかね。

こういうものって、仕事だからって思う日が来るんですかね。

 

慣れて何とも思わなくなったら、それはなんというか、本当に悲しい。

 

色々なことを諦めて大人になるのなら、私はまだ大人になんてなりたくないなぁ。

 

 

【初音ミク】 僕は初音ミクとキスをした 【オリジナルMV】 - YouTube

2人はまだ青いから未来はまた遠ざかる

 

初任給でイヤホンを買った。自分できちんと選んだはじめてのイヤホン。

 

 

元カレとのはじめてのデートはたしか、店じゅうのイヤホンの視聴だった。

 

彼はいつも、私に何かを押し付けるようなことはしなかった。

私は元来人の意見に耳を傾けない性格で、周りにどんなに勧められようと「これで十分」と頑なにiPhoneの付属イヤホンを使い続けていた。

そんな私に、彼は自らのイヤホンを使わせてくれた。

 

世界がぱっと広がったのを覚えている。

ときめきに似たあの感動を今でも忘れられない。

 

一緒に選んで、結果的にお揃いになったSONYのEXTRA BASS。

元彼とのお揃いは、3年間で誕生日に贈り合った時計、真似して買ったリュックとそのイヤホンだけだった。

 

2年以上使っていると、世はワイヤレスイヤホンの時代。

これで困ってない 絶対なくす 音質落ちるよりずっといい

そんなことを言ってワイヤードイヤホンを使い続ける私を見かねて、少し先にAirPodsデビューをしていた彼はワイヤレスイヤホンをプレゼントしてくれた。

 

あんなに意固地になっていたのに、貰って1日で周りのみんなに「ワイヤレスはいいよ」って言って回っていた。

 

まぁ、結果的になくして買うに至ったんですけど。笑

 

 

3つ年上の元カレは、私の知らないことをたくさん知っていた。

彼から教わったことは数えきれない。

 

出会った頃の先輩の年齢を追い越した今、大したことなかったなぁって思えるところもたくさん出てきた。

それでも、彼とあのまま付き合い続けていれば幸せな家庭を築けたと確信を持って言える。

だから、彼よりも素敵な人と幸せになることが今でも私の目標。

 

 

先輩ならこんな時どうするんだろう。

きっとこんな風になる相手とは付き合わないんだろうなぁ。

 

 

専門店でたくさんのイヤホンを視聴するなかで、あの時みたいな胸の高鳴りを感じて即決したのが今のイヤホン。

 

私、絶対に幸せになるよ。

 

チャットモンチー 『ときめき (Short Ver.)』 - YouTube

お互いのことを好きだけど付き合わなかった人、お互いに永遠に好きでいられる説

 

まどろみの中、君が隣に寝ている気がしてまた目を閉じた。しあわせな朝だった。

 

 

LINEのホーム画面やBGMを昔の思い出で埋め尽くしてみた。

酷い仕打ちを受けた腹いせ。自分なりの清算

でも、そんなことをしたって彼の気を引けるわけでもなければ

写真の相手は新しい恋で幸せになっているので余計に寂しくなるだけだった。

 

 

始めることを選ばなかった私たちは、終わらない何かになった。

なんとも形容しがたい私たちの関係。

それはどんな結末よりも美しい。

 

夜の道頓堀 絡まったイヤリング

キリンジのエイリアンズ

何かの拍子に思い出しては微熱のようにじりじりと胸を焦がして消えていく。

 

お互いのこと好きすぎて笑っちゃう。

きっと私たち、これからもずっとそう。

 

大学4年間、忘れたくないことでいっぱいだ。

 

Sweet Memories - YouTube