今を、この時を

 

日付変わって10月11日

前の彼氏と別れていなかったら3年記念日 らしい

 

今朝 春ぶりに薄手のカットソーに袖を通したんですけど、どうやら最後の洗濯が元彼の家だったらしく

柔軟剤がふわっと鼻をかすめて、ほんの一瞬タイムスリップしたみたいな気持ちになりました。

未練も特にないんですが、なんだか着るのはやめておきました。

 

はぁ、付き合い続けていたら今頃はちょっと高いお酒でも飲んでいたんでしょうかね。

別れた当初は「私たちはきっと付き合い続けることもできた」って言ってたけど、どうしてか、今はそんな想像もできません。

 

高校の頃大好きだった先生がこんなことを言っていました。

「良いお付き合いというのは、お互いがいなくても生きていける関係のこと。」

名前とかは覚えてないんですけどめちゃくちゃサバサバした中年女性で、

通学路から一本逸れたカップルの下校コース、通称“カップルロード”をベルを鳴らしながらママチャリで爆走するおばちゃんの先生でした。

 

先生の言っていたことが正しいとすれば、私と彼は良い付き合いができていたんだろうなぁ。

だってあんなに長く一緒にいたのに、今となっては声もよく思い出せない。

 

この世は移ろっていくんですね。あぁ諸行無常諸行無常

 

 

人生は一瞬の連続。

今この瞬間を余すことなく生きること、それが未来の自分にできる精一杯なのだ、と思う。

 

未来の自分は、今を経てそこにいる。

後悔のない選択とは何なのか。

答えは未来の自分だけが知っているんだから、今の私が考えたって仕方ないこともあるんだろうと思う。

 

今の私が楽しくて、未来の自分がそれを悔やむわけがないってこと。

 

阿部真央 ふりぃ【PV】 - YouTube

 

憧れや尊敬の類

 

前の彼氏とは私の猛アタックで交際が始まりました。

当時私1回生、彼4回生。

 

1回生から見た4回生なんてもう先輩マジックそのもので、

みんなの前で歌っていた、誰からも慕われる、そんな4回生の先輩が自分を見つけてくれた。認めてくれた。

好意を抱いたきっかけはそんなところでした。

 

念願叶って付き合えてから卒業までは、あぁいまみんなが見ているこの人の彼女は私なんだ。こんなにも後輩がいるなかで独り占めできるのは私だけなんだ。そんなことを思いながらステージを見ていました。

 

それから2年半の間に私はアカペラが軌道に乗りました。一方彼は就職して人前に立つ機会はほとんど無くなり、年々普通の人になっていきました。

憧れて、付き合って、3年かけて自分がそこに辿り着いたときには彼は普通の社会人。

 

付き合いてたの頃は身だしなみなんてどうでもよかった。彼の横を歩けるだけで幸せだった。少しでも彼に見てもらいたくて、彼が好きそうな服を着てみたり、友達に教えてもらった化粧を試してみたりした。

それが3年経って、寝ぐせで待ち合わせに来る彼に腹が立つようになった。遅刻癖が気になるようになった。

私が大好きだったきらっきらの彼はもうとっくにいなくなっていて、私は無意識にその他の部分にそれを求めるようになったんだと思います。

 

 

私、現在4回生

私にも、自分を慕ってくれる後輩ができました。

 

今の自分には、「君の未来はこうだよ」と高校時代の自分に胸を張って言える輝きがあります。

この先よほどのことがない限り、人生のピークはここなんだと思う。

 

そんな今の私に好意を抱いてくれる後輩は、この先社会に出て輝きを失っていく私を見ていられるのだろうか。

歌わなくなった私に何の魅力が残るのだろうか。

 

イケメンは減点方式 などと言いますが、憧れの先輩だってそうです。

 

人を好きになってばかりのこれまでだったけれど、私が好きになった相手も同じように私の気持ちが冷めることを恐れたのだろうか。

 

 

人に好かれることがこんなに怖いことだとは思いもしなかったなぁ。

 

まぁいつだって私は私なので、来年以降も今の自分に恥じないよう生きていこうとは思っています。期待してるよ未来の私。

月が綺麗ですね っていうあれ

 

昨夜は月が綺麗でした。

 

今年の中秋の名月が4日前だったということもあって欠けた月だったけれど、茹でてから焼いた甘いさつまいものような濃い黄色をしていてとっても綺麗でした。

 

昨夜のような月を見るとほんとうに、なんとも形容しがたい気持ちがぶわっと込み上げてくるんですよね。

それがどういう気持ちなのか言い表す言葉をずーっと探していたんですが、最近はもういいかなぁとも思っていて。

言葉に当てはめてしまうとその瞬間にその気持ちに名前がついてしまって、なんだかもうそれでしかなくなってしまいそうじゃないですか。

しかもそれを誰かに言うことで、その月はその人にとってのその言葉で落とし込まれてしまう。

その人にとってはぜんっぜんそう感じないかもしれないものが、自分の選んだ言葉で形容されてしまうのはなんか、気持ちに申し訳ないというか…

 

気持ちをアウトプットする時の言葉選びの感覚は優れているに越したことはないけれど、自分がこの気持ちを大切にできるならばもうそれでいいのかも?なんて表現を放棄しているだけなのかもしれないけれど、最近はそんな風に思うのでした。

 

 

そういえば、とこれを書き始めてから以前にもこんなことを書いたような気がして過去の記事を読み返してきました。

元彼の自転車の後ろでもあんな月を見たんでしたそうでした。

 

きっと、何年か経って同じような月を見たとき、ふと思い出すんだろうなぁ。

 

去年の春にはこんな風に言っていたけれど、昨日はそんなことはなかったなぁ。

上書き保存を実感してなんだかちょっと、ちょこっとだけ寂しいような、でもしっかりと前に進んでいることに対してあぁ今を生きているんだなぁって、いろんなことを考える肌寒い朝でした。

 

 

今朝は久々に

吉澤嘉代子「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」MUSIC VIDEO - YouTube

今日という日

 

9月23日。

私は今日、他大学の憧れの同期たちと同じステージに立ちます。

 

客席から応援する気満々で予定を空けていて、昨日もほんとうは飲み会に行くつもりでした。

いまから最終練習をして会場に向かうんですけど、まだ、手違いかもしれないとさえ思う。

 

目標なんて言えないような、もう、夢のまた夢でした。

隙間産業 審査員の好みだった イロモノ

そんなことは自分たちでもわかっていて、それでも、そんなぐらいじゃ冷静にないぐらい嬉しい。

 

運良く掴んだこの機会を、存分に楽しもうと思います。

 

 

そして、今日は元カレの誕生日でもあります。

ついこの間まで付き合っていた先輩です。

携帯屋さんの彼の職場では、毎年この土日は有給禁止令が出されます。今年も新作を売りさばいていることでしょう。

 

何度かここに書いてきましたが、彼は私にアカペラを教えてくれた恩人であり、誰よりも尊敬する先輩です。

通過バンドリストに自分のバンドを見つけた時、真っ先に報告したのはもう別れていた彼でした。

 

大会日程が開示された日、当時まだ交際していた彼に私は

「最高の誕生日プレゼントにする!」と言いました。

 

そして宣言通り予選を通過し、彼が25歳になる今日この日、私は一つ夢を叶えるのです。

まさか本当に有言実行できるとは思ってなかったなぁ…

 

 

彼に貰ったアカペラ人生、余すことなく燃やし尽くそうと邁進してきた4年間。

彼と別れる時、こんなことを言われました。

 

「本当によく頑張ってくれたよ。十分すぎる。先輩として俺から出来ることはもうとっくに無い。」

 

とても嬉しく、とても寂しい言葉でした。

 

誰かにとっては通過点で、誰かにとっては想定内の今日のステージ。

それでも私たちは、いろんな想いを背負って今日のステージに臨みます。

 

 

エモい感じになっちゃったけど、ほんとに楽しみ!!

ここに来れただけで目標は達成されているので、変な緊張はほとんどありません。

出演者としてタダで観れるしね!さいこう!

 

誰よりも今日を満喫してやろうと企んでいます。ウォイ

ほとぼりも冷めたところで

 

今だから言う、とっくに周知の失態があるんですが。

 

先に言わせてもらうと私はそこから確実に学びを得た。ので、思い返すと胸糞案件であることに変わりはないけれど、後悔は、して、いない…

 

 

以前「据え膳食わぬは男の恥」だと書いたことがあるんですが、自分についても「売られた喧嘩、買わなくてどうする」と思っていたんですよね。

 

ずっと、ワンナイトやそういう、大人の駆け引きとは無縁のところにいましたから、その日も度胸試しだと思って。試されてると思って。

 

幸いにも私は自由を許されている身であったから、契約違反はしていない。ということにできる。

 

学んだことは本当にたくさん。

 

機会に恵まれないからって、相手を選ばずに飛びついてはいけない。見る目を持たなければいけない。

何より、さほど可愛くもない彼氏持ちに近寄る男にロクな奴はいない!!!!!

 

いやほんまにきっしょいなぁ。思い出したら腹立ってきた。食べログで言うなら★☆☆☆☆やからなマジで

 

 

人は失敗から学ぶのである。

分別のないまま結婚して、渇ききったクソババアになってからそこら辺の男に唆されて家庭崩壊を招かなくて済んだのだ。私は成長した。誰がなんと言おうと。

成長の記録

 

ちょうど1ヶ月くらい前に彼氏と別れたんですがここに書いたのを消そうとかいう発想にもならなかった

 

定期的に読み返してニコニコしてます

 

私たちはきっと付き合い続けることだってできたんですけど、思い出や愛着やその他いろんな別れない理由のなかから関係が良くなる選択を見つけだけたのだと思うので、後悔とかは今のところありません。

 

大学入っていい人とお付き合いができたぞ!と中学や高校生の頃の自分に言いたい!

 

書いて残すって大切なことだなぁ

その時の自分がそこに冷凍保存されてる感じ

きっかけをくれた唯一の読者にすごくすごく感謝しています ありがとう

 

 

スターマリオ、いわば完全武装(新年の抱負)

 

明けましておめでとうございます。

明けてからずいぶんと経ってしまいましたがようやく更新に至りました。

 

今年に入って3つほど新しいことに取り組み始めました。

1つ目は、天声人語の書き写し。

元々気になっていたところに就活が目の前までやって来たので、興味の範囲から時事を知ろうと始めてみました。

2つ目は日記。

思い立って少し高めのノートを買って、まぁ続くだけ書いてみようという感じ。人の目に触れるブログとは違って、ほんとうに書き留めるだけ。

 

これを数日続けてみて思ったんですけど、1日の締めくくりをきちんとするのってすごく大切ですね。

ブログの更新が止まっている時期っていうのは、書くに至るまで整理できた事柄が無い期間でして、

毎晩眠気に負けて知らぬ間に寝て、起きたら家を出る時間ギリギリで、電車ではLINEを返してTwitterを開いて、あぁもう着いた〜みたいな。夜は終電ギリギリで帰って、家に着いたときには既にバカ眠くて。

振り返って楽しかったという手応えはしっかりとあるものの、そんな風に毎日をこなしていては思考は機能してなかったんだと思います。

一応アプリは消さずにずっとあって、なんなら下書きはかなりあるんです。でも完結するところまでいかなくて、Twitterで思ったことを垂れ流してました。

去年の4月には余裕って大事。って書いてたのにね

 

書き写しや日記も果たしていつまで続くことやらって感じなんですけど、ほら、年明けって、何者にでもなれる気になりません?

毎年私は年明けになるとスターマリオ?あの無敵状態のテンテンテテンテンテンテテンテンってなってる気分になってしまうんです。だから欲張って2つも始めてしまった〜あはは

まぁ明日からまた学校が始まれば時間的な余裕は全然なくなってくると思うんですけど、数ヶ月後の自分のためにもちょっと続けてみようと思います!

 

2018年の目標は
内定取得 痩せる 悔いのないアカペラ
この3つです。
ちなみに去年の目標は
貯金 脱毛 免許取得でした。

免許は11月末に取りました◎

(教習所の卒業期限ギリッギリだったし免許センターの試験も1回落ちたんですけど)

脱毛はもうすぐ終わる!貯金は…うん、今年に持ち越しですね。

 

このブログも時間を見つけて更新していこうと思ってます🙂🙂🙂