後輩くんとの話

 

先日、後輩くんと会って来ました。

 

浪人生活2年目の後輩くん。

彼の希望でカラオケに行きました。

 

仲良くしている年数はとっても長いのに、カラオケは意外と初めてでした。

 

私と後輩くんは同じ時期に同じ界隈の沼にいたオタクだったので、それはそれは趣味も合います。昔のボカロをあの歌い手のコラボvar.で!とか打ち合わせてデュエットしまくりました。

カラオケ代は私が出して、カルビ丼をご馳走になって、口直しのアイスも買ってくれました。

 

何から話そうかなぁ…とか色々考えてたことは全然喋らなくて、後輩くんのいろんな話を聞きました。

予備校のこと、友達は大体東大と京大に行ってしまったこと、医学部のこと、、、

思えば2年前は私ばっかりが言いたいことを聞いてもらっていて、私が話を聞くことなんてほとんどありませんでした。

 

2年前は手の内なんて何にも見えなかったのに、

今日見てたらなんか色々頑張ってて、すごく健気でした。

 

なんだか、会わない間に自分に余裕ができていて、

私はもうすっかり後輩くんなしでもやっていけるようになってしまっていました。

嬉しいような寂しいような…。

 

帰りの電車の中では、SPIの計算問題を解くコツとかを教えてもらいました。その時が一番会話が弾んだ気がします。

少しでも気晴らしになっていたらいいなぁ…

是非いいお医者さんになってほしいと思いました。。。

自動販売機の話と医学部受験の話

 

たった今、最寄駅でニシダくんに会いました。

…ニシダくんだったかな、多分そんな名前だったはず。

高校と、中学も一緒やったかな?

電車まで結構時間もあったしそんなに急いでもなかったからイヤホン外して話しかけようか迷ったんですけど、名前もパッと出てこなかったので手だけ振っておきました。

 

さて、そろそろ夏なわけで。

喉も盛んに渇く季節なわけですが。

自動販売機。

あれはどうしてあんなに高いのでしょう。

無人だからなんですが。

 

例えば今さっきみたいに太陽の下を歩いて駅に着いて、改札からホームまでの階段を登りきったところに自動販売機があったとします。

喉はカラカラで、月のはじめだから財布にもそこそこお金が入ってて、炭酸とか飲みたいなぁなんて思って、

でも飲みたい炭酸飲料が500ミリ160円なんです。

買うのを渋ってたら下の段の背の低いペットボトルにも目が行きます。りんごジュース、パイナップルジュース、フルーツミックスジュース、果汁フレーバーの水、お茶。300ミリ130円。

その場の喉の渇きを潤すことだけを考えると、いちばん飲みたい160円の炭酸飲料を買いたいところ。

でも飲みきれずにカバンの底に入れておくのは重いし、ぬるい炭酸は美味しくないし…

かと言って300ミリに130円は違う気がするんですよね。あと30円で500ミリになるんですよ。

皆さんなら何を買いますか?

私にとっての正解は、この時期だと300ミリのお茶です。

7月なら500ミリでもいいかも。

まぁでもお茶って家にあるし、それに130円って馬鹿らしくって取り消しレバーで500円玉を回収してしまいました。

本当の正解は時間に余裕を持って水筒にお茶を入れる、ですね。

 

 

先日久々にnanaを投稿しました。

フラレガイガール / 酸欠少女 さユり | nana

一応ツイートもしたんですけど、そしたらしばらくTwitterでも見かけなかった後輩くんからふぁぼが来たので、連絡してみました。

医学部志望の後輩くん。二浪に突入していました。

医学部受験ってやっぱり相当大変なんですね。五浪六浪なんてゴロゴロいるらしいです。

それで、今度予備校が休講の日に会うことになりました。最後に会ったのはいつだったかな…大学1回生の5月に彼氏ができるまでは朝から同じ電車に乗ったりしてたから、2年ぶりぐらいかな?

聞きたいことも、話したいことも、謝りたいこともいっぱい。

とっても楽しみです。

 

夏と日傘と女の話

 

5月が終わりましたね。

 

もう6月かぁ〜〜…

 

最近は夜でもちょっと生暖かくて、でも夏用の布団だとちょっと寒くてなかなか適温が見つかりません。窓開けると寒いしね。

昼間は暑いですよねー。遂に日傘を買ってしまいました。

 

わたし、日傘を差すことにこの上ない抵抗がありました。というのも、所構わず日傘を差す女がとてつもなく嫌いで。

高校の時、フィールドワークに日傘を差してきて田んぼのあぜ道をすごく汚そうに歩いてたクラスの女の子を見て、こいつはどこまで可愛子ぶりっ子したら気が済むんだって思ってました。

 

女子力が高い女子って、必ずと言っていいほど日傘を差してますよね。

わたしの日傘嫌いは、根本的にはそういうことなんですよ。

そのフィールドでは勝負にならないから、劣等感があるから、試合放棄してるだけなんです。

 

大学生になって、彼氏ができて、身だしなみにうるさい友達もできて、今年に入ってやっと食後に紅を引き直すことを覚えました。それに合わせてお年玉でプチプラコスメを揃えました。

今でもまだ学部のトイレのパウダールームに行くのには勇気がいります。

それでもちょっとずつ、自分が避けてきた女たる生き方に歩み寄ってみて、そしたら食わず嫌いも食わず嫌いで、今ではその一つひとつが楽しかったりもします。

 

 差してみてわかったんですけど、直射日光当たると当たらないとで暑さが全然ちがうんですね!!

大きな帽子を上半身に被ってる感じ!すごい!!

これからは積極的に差していこうと思います。

太陽の下で、雫柄の傘💧⛱💧⛱💧

 

でも、日傘を差さずに太陽を全身に受ける女の子って素敵ですよね??キラキラして見えません??

暑いねーって言いながら、アイスとか食べながら、日傘を差さずに歩く女の子にも憧れます。

できるだけ近くにいたい人と歩くときは日傘はしまっておこうとおもいます。

 

夏ですよ。もうすぐ夏が来ますよ!

最近の考え事

この間。

いしはらくんが運転する自転車の後ろで、背中につかまりながら見た月がとっても綺麗だった。

満月みたいにまんまるじゃなかったけれど、色が茹で足りないゆで卵の黄身みたいな濃い黄色をした、じんわり明るい月。

 

きっと、何年か経って同じような月を見たとき、ふと思い出すんだろうなぁ。

 

そのとき、私は誰といるのだろう。

まだいしはらくんといるのだろうか…

 

今月でいしはらくんと付き合って1年7ヶ月になります。

今まででいちばん長かったのが高校の先輩との1年7ヶ月だったので、もうすぐ記録更新です。

その先輩とは1年付き合ったあたりでもう別れるんだろうなって思ってたけど、今はそんなこと全然思ってなくて、

このままずっと一緒にいれるんじゃないかなぁなんて思ってしまいます。

こんなに大切に思える人と出会えるなんて、幸せな人生…。

 

3回生になって、いよいよ就活から逃げられないところまで来ました。

夢は東京にあって、近いものは大阪にもあって。

 

その時々で納得のいく決断をすれば結果として後悔は少なくなる、と考えてここまで来ましたが、うーん…


自分にとっての幸せが何なのかもいまいち分からない弱冠二十歳のこの私が、今後の自分のための決断をしなければいけません。
なんて荷が重いんだ……

 

ここでちゃんと自分が導いた結論なら、後悔はしないんだろうと思う。

だから、ちゃんと考えなくちゃならない。

 

と、頭では分かっています。

わかっとるわーーーー!

 

 

はぁ…バイト行ってきます。

余裕についての話

 

最近気付いたこと。

 

丸一日予定がある日は前日早く寝るとそんなにしんどくないということ。

行きたい食事や飲みを次の予定のために我慢しても大して行きたかったなぁとはならないということ。

お風呂で何時何分までって決めてお湯に浸かると寝てしまわないということ。

予定の電車を一本早く想定しておくと一本逃しても間に合うということ。

 

20年間行き当たりばったりで生きてきて、最近やっと気付きました。余裕は持ったほうがいい。

それから自分を過信しなくなりました。計画を立てる時に自分への諦めを幾らか含んだ予定を立てるから、計画倒れすることが減りました。

 

私、就職には前向きで、

もちろん今が楽しいから大学生最高☝︎☝︎とは思ってて、でも一生大学生してたいかって聞かれると全然そんなことはなくって、

やりたいことがあってそのために何をすべきかがこんなにもはっきりと分かっている今、やらないと後悔するってことぐらいは20年生きてたら少しはわかります。これまでの行き当たりばったりの20年間に思い当たる後悔がいっぱいあります。

自分が大人だとか、思ったことは一度もないけれど、20年もあれば人は学ぶんですね。人間の学習能力。

 

なんか今日はすっごい意識高い系投稿になりましたが、

これはあれです、モチベーションが高いうちに自分のために書いとくやつです。

 

こないだはじめてゼミがあったんですけど、うちのゼミ特待生が2人もいて、その片方の子が

何事にも余裕を持ちたいタイプ って言ってて、

日常生活の話を聞いてたんですけど

たとえば家を出る1時間半前に起きてゆったり朝食を食べた後テレビを見たりとか

私とはまるで違いました。

 

それで私今日は丸一日バイトなので、ためしに昨日日付が変わるまでに布団に入ってみたんです。

そしたらいつ寝たかはわからないんですけどアラームもかけずに寝てしまって、はっと目を覚まして慌てて時計を見たらね、なんと5時55分。感動しましたあれは。

7時に起きるつもりだったので1時間も二度寝してスッキリ起きました。

今朝は朝ごはんも食べたし、電車が来る5分前には駅にいたし、すっごく良い気分でバイトに向かっています。

 

https://youtu.be/1aeRjU19VtE

今日自転車乗りながら聴いてた曲。

 

元カレの話

 

 先日、元カレと会ってきました。

f:id:tigerandrummy:20170414010123j:image

難波で待ち合わせて、唐揚げが美味しい居酒屋で2時間ほど飲み食いしたあとロフトにスマホケースを買いに行きました。

1回生のはじめの頃11月ホールの下で借りパクしていたナルトのDVDを返したときには目を合わせるのも避けていたのに、ずいぶんと前に進んだものです。

 

この彼とは私が高校1年の秋から3年の梅雨前にかけて付き合っていました。

初めてまともにお付き合いをした人です。


1つ上の、同じ部活のギターの先輩。今は同じ大学の理工学部4回生です。
細身で、まあまあ背が高くて、鼻が高くて、爽やかで、

まぁ先輩マジックってやつなんですけど、出会った当時はめちゃくちゃかっこよく見えました。

 

私はまんまと先輩マジックにやられて恋煩いで頭がバカになります。

…もちろん当時はバカになった自覚なんてなく真剣に恋に落ちているわけなんですが。

そして3ヶ月半に及ぶ猛アタックの末、念願叶って彼女になります。

 

先輩マジックや恋煩いからだんだんと目を覚ますと、

今まで見えていなかった、というより見ようともしていなかったことがたくさん見えてきて、

 

たとえば彼は思ったよりも引っ込み思案で、周りの目をいつも気にしていて、目立つことが大好きな私とは正反対でした。

 

たとえば彼には友達が少なくて、部活が無い日は全日私との予定を入れました。

寂しいと死んでしまううさぎさんのような人だったので、私も友達付き合いが悪くなりました。

 

たとえば彼は女の子らしい女の子がタイプで、私に女子力を追求し続けました。

まぁ大学入学当初の私を知ってる人はわかると思いますけど、高校の時はあれより酷かったですから言われるのも当然で、私は

デート前に薬局のテスターで化粧をしてみたり、

服装もモノトーンやゴスパンから突然アクシーズに変えたり(程よい変え方が分からない上に誰も止めてくれなかった)、

黒縁眼鏡は顔の一部だとまで言っていたのにコンタクトに変えたりと、自分の変化を楽しみつつも何より彼に喜んでほしかったので試行錯誤してました。

 

テンションが上がって声が大きくなると嫌な顔をされ、

彼が暇な日に部活の友達の家に泊まりに行くと「呪う」と言われ、

風邪でマスクをして行くと「いつもより可愛い」と褒められ、

テスターできらきらぐちゃぐちゃの顔で待ち合わせ場所に行くと「化粧してて可愛い」と褒められ、

 

彼は理想の彼女像を私に求めて、私はどんどん自分らしさを失って、だんだん窮屈になりました。

 

1回目の別れ話をしたのは2年生の冬でした。
彼があんまり泣くので諦めました。
それから立場が逆転して、私は今まで言えなかったことでもなんでも言って、彼は別れたくないから話を聞いて、
そんなのってもう嫌で、彼が大学に入学して環境が落ち着いた6月にもう一度別れ話を切り出して、ようやく別れました。

 

別れてからは溜まった不満や冷たく当たった罪悪感でいっぱいで、連絡も取らずにいました。何度か会っても反射的に避けてしまってました。

ナルトを返した以外には、金曜のサークル終わりに下宿の彼女の家に2人で帰る姿を何度か見かけていましたが、特に話しかけることもありませんでした。

 

そんな彼のツイッターがここ1ヶ月ほどめちゃくちゃ病んでて心配していた矢先、今月頭に連絡があって会うことになりました。

難波の人混みを2人で歩きながら話すんですけど、彼めちゃくちゃ声が小さくて、全部騒音にもってかれるんです。それが懐かしくてちょっと笑いそうになりながら何回も聞き返しました。

 

居酒屋では、色んな話を聞きました。
最近彼女と別れて、しかも次の日に彼女と一緒に組んでいたバンドのメンバーと付き合ったこと。

彼女の家には2年居候していて、今はその家にバンドメンバーがいること。

彼女が馬鹿だから夜の営みの話まで聞かされて、間取りも顔も全て想像がつくこと。

夏にインターンで行った会社から内定を貰ったこと。

そこには私のサークルの先輩と、元カノと、元カノの今カレがいること。

ずっと凹んでたこと。

私と別れた時もそうだったこと。

私と別れてからずっと、私を人間として目標にしてたこと。

別れる直前に私が色々言うようになってからのアドバイスが響いてたこと。

寝る前にnanaを聴いてくれてること。

就活も終わって彼女とも別れてすごく暇だということ。

暇なのに友達が少なくて一通り会ったからもう当てが無いということ。

 

あぁそういえば友達少なかったなぁ、なんで誘われたのかめっちゃ疑問やったけどそういうことか〜ってすごく納得しました。笑

 

私も実はどうしてもいつか伝えたかったことがあって、

私にはじめに近大を勧めてくれたのが彼だったんです。もうそのことをずっと覚えてて、

他にも考えたらコンタクトデビューも、化粧デビューも、私服がマシになったのもこの人のおかげで、

当たり前だけど今いいお付き合いができてるのだってこの人との過去があるからで、

そんな感謝を、お酒の力を借りて伝えました。

 

彼の使ってたスマホケースが元カノとディズニーでペアで買ったもので、彼女はとっくに今カレとペアのケースを使っているから買い換えたい、みたいなことを言ったので、食後にロフトに行きました。彼とよくデートで行ったロフトです。

あれを買った時はどこのロフトやったっけ、あの時買ったあれこないだ買い換えたわ〜みたいな話をしながら、一緒にスマホケースを選びました。

日本橋まで歩いて、見送って解散

 

元カノとの思い出もきれいさっぱり。

私と彼とのわだかまりもすっきり。

お互い次に進める日になりました。

 

その日はいしはらくんとの1年半記念日で、急遽会えることになったのでバーに行ってきました。

元カレとの話も聞いてくれるいしはらくん。

別れてからも会えるっていうのはすごく良いことやねって。言ってました。

「呪う」だなんて何を間違っても言わないだろうしやっぱり今の私にはいしはらくんなんだなぁって。シャラポワさんとの付き合いは無駄じゃなかったんだなぁって思いながら、いつもよりニヤニヤしながらカクテルを楽しみました。

 

まっこと良き1日でした◎

 

 

 

男2女1の女1の話

 

男2女1の組み合わせがとても好きです。

 

男好き、といえば語弊がありますが…というかおそらく男好きに違いはないので結果として語弊もクソもないんですが、それより何よりわたし小さい頃から女の子が苦手で、男女どっちもいる場では男の子といることのほうが多かったように思います。

思い返せば先日の幼馴染のよーちゃんとしょーちゃんに始まり、私の友好関係の中には居心地のいい男2女1の組み合わせがたくさんありました。今だったらサークルの機材班の3人もそう。

何がそんなにか分からないけど、女の子と遊んでるより全然楽しかった。 もちろん女の子と遊ぶこともあったんだけど、幼稚園の頃は女の子が他に1人でもいると帰るまでに必ず1回は喧嘩になってました。しかも複数人いると大体わたし対ほかの女の子たち…なんでなんだろう…

 

でも、男2女1は男3になることもそれに近づくことも絶対に無いんです。男2女1のわたしはどこまでも女なんですこれが。

幼稚園の頃のわたしはシルバニアファミリーが大好きだったんですけど、幼稚園で休み時間にいつも3人で遊んでいた男の子2人がうちに遊びに来てくれたことがあって、その時もわたしはいつものようにシルバニアファミリーを出してきたんですけど、当然2人ともすぐに飽きちゃって。いつも一緒に遊んでてもわたしは男の子じゃないんだなぁって実感した初めての瞬間でした。

 

あ、ちょっと分かったぞ。

男の子といると、女として何をするでもなくそこにいるだけで自分の性別が認められるから自信がつくのか。そんな気がしてきたぞ…!

 

あと、あれです。“絶対的な2人とわたし”っていう構図もいいんです。

今の機材班だって、お互い他に替えのきかないふたりの側で他の誰とも違うポジションでいられるんです。ふたりが楽しそうにしてるときは、完全に傍観者。しかも特等席で。わたししか持ってないふたりの写真がたくさんあるんです。それが許される、というかわたしの使命ぐらいの感じ。

 

なんか、自分の男好きを正当化しただけのような気もしますが、わたしの男好きは物心がついた頃には存在したし、“猫好きが猫カフェに行く”ぐらい純粋な感情なんですよーというお話でした。