読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロカバーの話

私といしはらくんは、付き合って1年と4ヶ月間一度も喧嘩をしたことがない。これは、いろんな人に自慢できること。

 

私といしはらくんが喧嘩にならないのは、いしはらくんが大人だから。

多少のわがままなんて痛くも痒くもないような、そんな広い心で接してくれるおかげで、私自身わがままを言う気にもなりません。そんないしはらくんの前ではきちんとしていようと思えるから。

そして、いしはらくんはいつだって正しい。いしはらくんの考えには、賛同できてしまいます。考え方が似ているだけなのか、盲目になってしまっているのか、わかりませんが、大概そうだなぁと思えることばかりです。

 

しかし、たった一度、いしはらくんに泣かされたことがあります。それも大号泣。

話題は、プロカバーについて。

 

プロカバーというのは、プロのアカペラグループの楽曲をカバーすること。

そもそも学生アカペラではオリジナル曲を演奏するバンドがまだほとんどありません。ほとんどのバンドは既存の曲をアカペラアレンジにするか、アカペラの楽曲をコピー・カバーするかしており、後者がプロカバーバンドにあたります。

私はアカペラを始めてすぐの頃から、プロカバーをしないことを宣言していました。自分でない誰かが作った曲を演奏し、同じようなことをしている人が自分たち以外にもたくさんいる…それは音楽を自己表現とする私の姿勢に背いていたからです。

ただ、2年間アカペラをする中で、楽器や他の音楽と比べたアカペラの限界みたいなのが見え、自分の中で見切りをつけました。アカペラに求めていたものはアカペラで手に入らない。ならばアカペラはアカペラとして楽しみたいという思いが強くなり、まずは誰かに見せる音楽ではなく自分のためにプロカバーをしてみようという決断に至りました。

そして、いしはらくんに決意表明。

以前からプロカバーのメリットを話してくれたり、自身もプロカバーバンドを組んでいたいしはらくんはとても喜んでくれました。ようやくここまできたか、と。

 

話は続きました。

ここからはもう、おそらく私が気に障ったことばかりが記憶に残っているんですけど、内容としては

・気付くのが遅かった

・否定していないでやれば自分のためになる

・嫌がる理由も分かるけれどそれでは視野が狭い

こういう話でした。

プロカバーこそがすべきアカペラで、私はそれを今まで偏った価値観によってしないできた。そう言われたように感じました。

 

そうか、私のポリシーは、視野を狭めていたのか。

言われて初めてそう気付きました。

 

私は、学生アカペラ界の、他人の褌で相撲を取るようなところが本当に納得いかない。自分たちが楽しむためにプロの真似事をするにとどまらず、我が物顔でやってそれが評価される音楽が許せない。でも、やっぱりプロはすごい。プロの曲から学ぶものはたくさんある。だからやってみよう。でもやってみるだけ、これは勉強のため。

私にとってプロカバーは、それだけの決意と妥協の上にありました。

 

自分の中の譲れない想い。
音楽は自己表現。やりたいことをやるだけなら自己満足で、それを通して聞き手の心を動かせて初めて音楽になる。
そんな確固たる意志を持って私は音楽をしてきました。

 

だから、本当に悔しかった。損していると思うわれているのだから、多少は損をしているのだと思う。アカペラだけを見れば。

でも、私は今アカペラをしているんです。アカペラだけを音楽に選んでいるんです。そのアカペラだけ見たときに、アカペラ以外で培った自分自身の考えは邪魔をしていました。

その日はウィンターライブの日でした。私はその日、歌いたくて入ったサークルのいちばん大きなライブで歌えなかった。それもこれもきっと、このくだらない凝り固まった考え方のせいなのだと思った。

自分自身の強い想いを、くだらないとさえ思ってしまったんです。

こんなに悔しいことってあるんだなぁと思いました。

 

泣かされたなんて書いてしまったけれど、私は勝手に泣いたんだと思います。今の自分がいる環境を考えたら、いしはらくんが正しいに決まってる。いしはらくんはあの日もやっぱり正しかった。あれは悔し涙。

 

郷に入っては郷に従え、という言葉。私は自分の元いた場所が好きすぎて、ずっと今の環境に反発していました。それは今でも変わらないけれど、素直に従った人たちはとっくに楽しく音楽をしている。そんな人を羨ましくも思います。

同じ環境にいて、楽しめると楽しめないとでは楽しめるほうがいいに決まってる。

ただ、譲れないものだってあるんです。私はずっと、このバランスを取れずにいたんだと思います。

 

昨日、宣言したプロカバーバンドの初練習でした。原曲通りに歌うだけで、めちゃくちゃハモります。こりゃみんなやりたがるわ、って感じ。

こんなこと言うとみんなは、だから言ったのに〜って言うんだろうなぁ。

そんなことはやる前からとっくにわかってたよ。その楽しみを我慢してでも貫きたい思いがあったんだよ。

 

あのラミーが、遂にプロカバーに手を出した。

これは、大事件です。私にとっての。

誰よりも強い意志を持ってカバーしてみせる。今後に活かせる経験にしてやる。

グールとユーリの話

 

インフルエンザになっていました。

隔離期間に書き溜めた下書きがいくつかあるんですけど、今読んだらは?って感じのばっかりだったので没にします。

 

インフル休暇を利用して、アニメを2本見ました。

東京喰種 と ユーリ!!! on ICE

 

グールは、あれいつ頃やってたんやったかな、放送当時は厨二もすっかり抜けて、平和なのが見たかったので1話でしんどすぎて見るのやめてました。今見てもしんどかった。

色々と、考えさせられますね。

話し合おうよ!!!とか言いたいこと全部言いなよ!!!とか思いながら見てました。もどかしかった。

 

ユーリは噂で聞いてた通りの素晴らしいアニメで、グールで疲れてた反動でニヤニヤしながら見れました。絵がとても綺麗で、ストーリーもしっかりしていて、キャラがそれぞれ良くて、フィギュアスケートブームを上手く利用した作品でした。

推しキャラは、決められなかった。みんな素敵。みんな大好き。

強いて言うなら韓国のスンギルかな。

f:id:tigerandrummy:20170214185900j:image

最高でした、ユーリ!!! on ICE。放送中に見てなかったのが今になってすごい後悔。

めちゃくちゃ良かったですよ。

めちゃくちゃ暇になったら是非とも見てほしいアニメ。

 

結局書き直してもは?って感じになってしまった…

今日は多分、夜に真面目な更新もします。

あーくんの話

 

あーくんには終電で帰った日に最寄駅で会う。

 

あーくんは徒歩でわたしは自転車。改札から駐輪場までの5分間にいろんな話をする。

あーくんも私も人の話をあまり聞かないので、いつ会っても今何で忙しいかの近況報告になる。昨日はバイトの勧誘をされて、今月30万稼ぐ話を聞いた。

 

あーくんは小中学校の同級生。小学校4年生から一緒のブラスバンドクラブに入っていた。

あーくんが私に告白したのは6年生の12月。バスの車窓から見える紅葉よりも綺麗だと言われて付き合った。今思えばわけがわからない口説き文句。

あーくんとのことは仲の良い友達2人にしか言わなかった。とはいえ小学生の私たちは何をするわけでもなく、毎日笑顔を交わし合う他には2月のバレンタインチョコを1人だけ豪華にしたのと、3月25日のあーくんの誕生日にファミマの無印のペンをお小遣いで買ったぐらいだった。

 

あーくんとは中学校1年生のとき同じクラスだった。

あーくんは陸上部に入った。彼女自慢をしたらしく、陸上部員に冷やかされた。

あーくんとは中学1年生の4月中に口外されたショックと冷やかされた恥ずかしさで別れた。

 

あーくんとはその後ちょっとだけ気まずかった。でも秋にネットの怪しい人に会おうと言われて悩んでいる私を叱ってくれた。それ以来元の関係に戻った。

 

あーくんとは高校は別々だった。

あーくんの行った高校は進学校ではなかった。あーくんは私が聞いたことのない大学に進学した。

 

あーくんは2回生にならずに大学を辞めていた。家の事情らしい。

あーくんはユニバで身を粉にして働いて、家にお金を入れている。冬前に会った日には明日から34連勤!と言っていた。

 

あーくんの今の彼女はユニバで知り合って付き合った「ユニ恋」だそうだ。

あーくんにも私にもちゃんとした恋人がいると思うと、なんだかすごくおもしろい。

 

あーくんとはいつもおつかれさま〜と言って別れる。心からのおつかれさまだ。

あーくんと次会うのはいつだろうなぁ…次会った時も堂々と話せるように私は私の毎日をしっかり生きよう。

仕事と恋愛と結婚の話

 

私は自分のやりたいことを仕事にしたい。

20年間生きてきて、やりたいこと以外が続いたためしが無い。自分が自信を持ってできること以外をやりたいとは思わない。つまり、得意なことしかできない。だからお金のための仕事は考えられない。好きなことを仕事にして、仕事に生きたい。

 

仕事と同じぐらいしたいのが、結婚。

この人!って心から言える人と結婚して、自分が育ったような楽しい家庭を築きたい。

 

仕事も、結婚も、少し前まで遠い未来の話だったのに、いつの間にかすぐそこにあって、

これからの決断の一つ一つがそれに直結していくことに私は気付いてしまった。

母が19歳の頃に両親が出会って8年付き合った後結婚したっていうのを知っていて、自分にとっての結婚に対する基準がそこにあったから、もう、なんというか。。。

私もう20歳ですよ。ヒィィ

 

 

いちばん眼前にある決断は、やっぱり就活。

後悔しないだけの準備をするのはもちろんなんだけど、何が重要かって、勤務地。

 

現在私にはいしはらくんという彼氏がいて、この人と結婚したいなぁと今のところ本気で思ってます。

いしはらくんの就職先は本社が東京にあって、5,6年以内には本社勤務になるのはほぼ確定。

わたしの就職は順調に行けば2年後だから、いろいろと際どいところです。

 

例えば私が東京で就職していしはらくんの異動を待つとする。

タイミングがほぼ同じだったら何も言うことは無いんだけど、3年遠距離とかもありあるだろうし、いしはらくんが何があっても今の会社に居続けるとは限らないだろうし、

東京での就職は一世一代の賭けなわけですよ。

 

じゃあ大阪で就職したらどうなるかと言えば、

いしはらくんとの関係はそのままだし、就職と同時に同棲することだって可能で、

でもいしはらくんが東京に転勤になったら私は仕事を多少犠牲にすることになるかもしれない。東京に本社がある会社に就職できれば、異動希望は出せるかもしれないけど、そんなに融通が利くとは限らない。

 

今の私は仕事を知らないからこういう優先順位だけれど、就職して、やり甲斐を持てたら、また考えは変わってくるだろうし…。

 

それに、遠距離って…遠距離ってねぇ…なに?笑

このブログでは特に度々めちゃくちゃ惚気ておいてこんなことを言うのもなんですが、私の中で“交際相手”というのは

尊敬できる親友 兼 融通の利くセフレ

だと思ってるんですね。

私が散々惚気てるエピソードって、別に彼氏じゃなくてよくって、親友みたいに、信頼できる最強の他人みたいな人でもいいわけなんですよ。

それが男と女だから、しかも信頼できるから、何かと世間体を気にしなきゃいけない、リスクを伴うこともお任せしましょう。みたいなね。

…こんなこと冷静に文に起こしたらなんだか愛が無いみたいだけど、愛着なんか後からいくらでも湧くからね。どこが好きかわからない、全然合わない相手とだって長く付き合ったら別れにくいのと一緒で。

 

それから、親友は人数に制限がないけど夫婦になれるのは1人だから、

結婚したい相手との仮契約も兼ねてるかなぁと思います。

 

遠距離恋愛って、仮契約と親友的絆だけを頼りにしないといけないじゃないですか。

それってかなり過酷なことですよね。信じれば信じるほど疑わしくなるし、何も思わないと薄れていくし。

それに、会えない間もお互い動物的な欲はあるわけで、

そうなると手っ取り早く処理できる相手も欲しくなるわけで、

他にいくらでも人間はいるのに、お互いにこだわっておくのがすごく邪魔くさくなると思う。

 

 いしはらくんのことは人間として大好きで、こんな人と結婚したいなぁと思って告白した。というか、交際の話を持ちかけた。

いしはらくんなら私じゃなくても幸せになれると思う。私とでも幸せになってくれると思う。

私も、そう言える相手がいしはらくん以外にも世界中探せばどこかにいるだろうけど、

先のことはわからないし、なにより現状に大満足している。だからできることなら手放したくない。

 

だから、心からやりたい仕事しかしないことを大前提として、

最優先事項は いしはらくんとの今後 でいいのかなぁと。本当にいいのかはいつか後悔するまで分からないけど、

私はこれまで、その時々の最良の決断をしてきたから、今の自分が良いって言ってるならそれでいいかなぁと。思う。

 

…書いてる途中に寝落ちると朝読んで重くなるよね。

今日は3年ぶりのユニバ!いぇーーーい☝︎☝︎

お酒の話

テストが終わった。レポートも全て提出した。
解き放たれた今井です。

いつも60点取れるか取れないかぐらいの、落単してもすんなり受け入れてしまえるくらいにしか勉強をしないのに、どうしてこうも毎回達成感だけは強いのでしょう…

さて、私、今でこそお酒が好きなのですが、

大学に入るまでビールと酎ハイとその他ぐらいにしかお酒のことを知りませんでした。ガチで。

両親ともにお酒を飲まないんよね。

だから家にお酒は無くて、わざわざ買うかお店に行くかしないと飲めないのでテスト期間はすっかりお酒から遠のいた生活をしていました。

 

テストが終わったら本を買って酒を飲む!と決めてて、そして決行致しました。

 

いしはらくんの行きつけ?の、バーというよりは居酒屋?その辺の定義はよくわかりませんが、美味しい沖縄料理とたくさんのお酒が楽しめる飲み屋に連れてってもらいました。よくあるじゃないですか、個人経営で壁に酒瓶がぶぅわぁーーって並んでる感じの。ああいうお店。すっごい憧れてました。

 

店主は26歳で湘南乃風にいそうなルックスのお兄さん。

昨日会ったお客さんは常連さんばかりで、飲食店経営の32歳のくたびれやさぐれ系お兄さん、典型的なオタク口調の人、モデルでミュージカル劇団員のお姉さん、社会人3年目の熱いお兄さん、調子のいいイケメン後輩系スーツお兄さんと、今にもマンガ化できそうな面々。

 

見ず知らずの人と、あんなに熱く語り合ったのは初めてでした。

人のあんなに熱い想いに触れたのもいつぶりだろう。

夢の話をしたのも久しぶりだった。知らない人だからなんでも話せたのかもしれないなぁ。

 

いやぁ、いいですね。お酒って素敵。

私は昨日で酔っ払いが大好きになりました。

 

壁にならんでる瓶も書いてるお酒もほとんど知らなくて、広告論でカッコイイCMが印象的だったハイネケンをとりあえず頼んでみたのだけれど、あれ美味しいね…!

いしはらくんが飲んでたバドワイザーもめちゃくちゃ美味しかった。

ビール、飲めなくはなかったけど、美味しいって思いながら飲めたのは初めてでした。

 

あと、お酒を全然知らないって話をして、私が好きそうなカクテルを色々作ってもらいました。

なかでもクールパワーというリキュールにヨーグルトリキュールを混ぜた綺麗な水色のやつがもう最高に美味しかった。好きなカクテル堂々の1位です。

ちなみに2位はヨーグルトオレンジで、3位はカリモーチョ。

 

私、好きな割に弱いので、飲み放題よりは美味しいお酒にお金を払ってちびちび飲むほうがいいです。もっともっと話がしたいなぁって思う人と、そういう飲み方をしてみたい。

 

ほんとうに素敵なお店だったなぁ。最高の酒場デビュー。
お店も人も大好き。
絶対にまた行こうと思います。今度は友達とも。

 

ことばの話

 

年に2回だけ勉強する私です。

今日はレポートで言語についてうだうだと持論を展開してたので、書きながら思い出したことを書こう。

 

 

これは先輩カップルとWデートで食事に行ったときの話。

私たちはなんばグランド花月のオールナイトライブ観終えて、ガストでモーニングを食べながら始発を待っていた。

楽しく談笑していると突然彼女さんが顔をしかめて、そのまま黙り込んでしまった。それに気付いた彼氏さんが話すのをやめて様子をうかがうと、彼女さんがこんなことを言った。

 

「さっきの〈彼氏の名前〉のあの言い方にカチンときた。もう食事どころじゃない。」


彼氏さんはすぐに謝ったんだけど、彼女さんの機嫌は治らなくて、そのまま言い合いに発展。

私たちは一旦席を外して、話し合いに決着がつくまで店の外で待つことにした。明け方の難波でユーキャンのパンフレット熟読した。

 

その時感じたものこそ、今回レポートのテーマに選んだ「言葉の不便さ」。

確かに彼氏さんは気が大きくなっていたのか余計なことまで言っていた気もするけど、内容としては面白かったしそこに悪意は感じなかった。でもその言葉は彼女さんの気に障った。


もしも話したかった内容が言葉を使わずに手渡しできたとしたら、こんなことにはならなかった。そんなことはまぁ絶対できないんだけど、

本質だけを伝えることができたなら、彼女さんが機嫌を損ねることは無かったわけで、

 

「これは人間が言語に頼りすぎるがゆえに引き起こした情報の齟齬であった。」

 

まぁこういうこと。

どういうことかというと、コミュニケーションツールに当たり前のように言葉を使ってるけど、それって任せっきりにしてると大事なことが伝わらない時もあるよねって話です。

 

価値観が同じ人っていろんな捉え方があるけど、私にとっては言葉に対する価値観が近いかどうかがすごく大事です。

言葉を表面的に受け取るだけじゃなく、「この人はこの言葉で何を伝えたいのか」を考えられる、

言葉って大したことないって分かった上で慎重に言葉が選べる人かどうか。

 

今の彼氏はこの辺の価値観も共有できる相手です。コミュニケーションにおいていろんな手間が省けるのですんげぇ楽です。ほんとうに、助かった。。。

 

あ、言葉が大したことないとか言ってしまったけど、言葉は偉大です。

だって、自分の中にある気持ちを、言葉を使って自分以外に伝えることができるから。

言葉に生かされてます。

 

何もないところから、発想と、それを表現する文章を素敵な言葉で組み立てる人を心から尊敬してます。本にしても歌詞にしても。

それは、そう。

 

でも、それでも、私たち人間は、言葉に頼りすぎていると思う。偉大だからって任せっきりにして、大切なことを忘れがちになってると思う。


「花」は、植物の花を意味する言葉であって、花そのものではない。

元カレがやたらと求めた「好き」のささやきと、私が抱く「好き」の中身は違う。

「愛してる」と言い合うから僕たちは愛し合っている、そんなのは思い上がり。


「言葉」と「そのもの」とは、絶対に、何があっても別物。

ちょっと難しいけど、これを理解することは人との関係を豊かにすると思います。

 

 

さて、せっかくレポートが仕上がったのにこの記事に割と時間割いてしまったよ。

テストは明日で終わり。

今からラストスパートかけるゾ〜

 

好きな人の話

1月30日、今日は好きな人の誕生日。
今日で19歳になる彼は、阪大医学部の二度目の入試を目前に控えた中学時代の後輩です。

 

浮気とかでは決してなく、ただ嫌いになるタイミングが無かったというか、

それが本当に好きなのかちゃんと考える機会もないままの、ずーっと漠然と好きな人。

 

大学に入って石原くんと知り合ってからは物事の捉え方もずいぶん変わって、

今でこそ少しは余裕を持てるようになったのだけれど、

私、もうそれはそれは依存体質で。

 

なんて言うのかなぁ、のめり込みやすいのかな?

好きなものに対して一心不乱に好き好き!!ってなりやすかったんですよ。

一回恋愛観について書いた回で触れたけど、頭をバカにする感じ。それが楽しくて。

だからしっかりオタクだったし、好きな人ができたらその人のことで頭がいっぱいになるんです。

恋愛観については、そうなると大変だから“好き”の定義付けを自分なりにしておこうって意識してるんですけど、

それもここ1年半ぐらいの話です。

 

それまでの私はというと、

気になる人ができたら相手のことをろくに知らないまますぐ好きになって、行動せずにいられない性格だからすぐ告白して、すぐフラれるか付き合うかして、

付き合ったとしてもすぐ合わないところが出て、自己中だから我慢できなくて別れる

っていうのを繰り返してました。

 

中3の受験期に成り行きで年の離れた人と付き合って、年上だから言いたいことが言えなくて、

当時私を慕ってくれていた後輩がいて、これ以降こういうことがあると彼に逃げるようになります。

 

12月にその彼氏と別れて、1月は学校から一緒に帰ったりして、2月にけいおんの映画を2人で観に行って、受験で忙しい私に逆チョコをくれて、卒業式前日のホワイトデーに私が靴箱に手作りプリンを入れて、中学卒業。

次は後輩くんが受験だから、来年また遊ぼ!みたいな感じだった。

 

高校に入って、私は先輩に恋をします。粘って粘って付き合って、それも半年ぐらいでガタが来ます。

後輩くんは県イチの進学校に無事進学。ちょくちょく連絡は取っていて、時々ライブに来てくれたりもする関係。

彼氏と何かあると助けを求めて、その度に優しくしてくれました。

 

高3で先輩と別れて、大学受験期に突入。

とにかく勉強が嫌で、それゆえ進路への不安でメンタルがボロボロになって、

この時も後輩くんに助けてもらった。

やる気が無くなってはLINEして励ましてもらい、初めての入試の当日は駅で見送ってくれた。

 

合格の報告もいちばんにした。

自分の気持ちを確かめるまでもなく、私はこの人が好きなんだと思い込んでた。

今思えば感謝とか依存とかその類なんだけど、本当に好きだった。

 

合格を報告した後、告白もした。

後輩くんの受験が終わったら付き合って欲しいです。

って。

 

大学1回生の夏前、大学で彼氏ができて、

それ以来連絡はお互いの誕生日と入試の前日だけ。

あとはTwitter

罪悪感でろくに連絡できないけど、ツイートで私の環境は知ってるはず。

 

後輩くん、今年で大学決めるみたいです。

来年からは大学生。

一度会って話そうと思ってます。

 

何を話そうかなぁ…

ありがとうとごめんなさい

今は素敵な彼氏がいます 紹介したいぐらい

本当に勝手だけどこれからも仲良くしてほしい

こんなことを言いたい。

会ってない間のことを報告し合いたい。

 

第一志望、受かるといいな〜