嫉妬の話 2

 

嫉妬で恋人の自由を奪っている人を見ると嫌悪感を抱く。

恋人にわがままを言える人を見ると羨ましく思う。

 

嫉妬心は私にとって最も醜い感情。

嫉妬する自分がこの世で一番嫌いで、だからそれを上手く口に出して楽になっている人が羨ましい。

 

私、ときどき、とんでもない嫉妬で頭がいっぱいになります。

よくないって分かっているのに、考えてもどうしようもないのに、羨ましく思ってしまいます。

 

折り合いをつけていかなくちゃいけない。でも、自分で思っているほどそれが上手くなくて、フタをしている間に中でどんどん大きくなってしまって、外に漏れだす頃にはもう取り返しがつかない。

 

だからと言ってどうということではなく、たまたま数分前までそんな考え事に20分も費やしてしまったのが情けなくて仕方なくて、こんなのを書いています。

 

一番欲しいものを手に入れるために、二番目でいっかなって思ったものを

一番目をもらえなかった人が大事に持ってる

 

私はもう一つのほうも欲しくなってしまって、でもこんなことを言ってしまえば今持ってるものまでその人のものになってしまいそうで、

きっとこのまま今持ってるものを大事にするのがいちばんいい。

 

でもさーー

羨ましいよぉーーーー

 

お友達が、彼氏と友達の人が羨ましいってどこかに書いてて、もうめちゃくちゃに共感しました。

私も時々こうやって後輩に戻りたくなります。

純粋無垢な先輩後輩の関係が恋しくなります。

 

日曜日は久しぶりに後輩として先輩に会う日です。

あんなに会っているのに、早く会いたいなぁ。

神戸の思い出と家族の話

 

昨日は髪を切ったあと、ひとりで神戸に行ってきました。

何も考えずにぶらぶらして、衝動的に買い物をして、なんだかすっごく気分が良かったです。

美味しいカツ丼屋さんも見つけたし。

f:id:tigerandrummy:20170308205228j:image

[食べログ]アクセスが制限されています 

 

神戸って私の住んでるところからは遠くって、今でこそ鶴橋まで定期がありますけど普通に行ったら片道1300円とかかかるんです。今でも鶴橋から200円以内で行ける難波・梅田・天王寺で大体のことができるので、滅多に行きません。

だから私にとって神戸はまだまだ特別な場所です。

 

高3に上がった4月上旬、1つ先輩の当時の彼氏と神戸にデートに行きました。彼の大学入学祝いと付き合って1年半記念を兼ねての、ナガシマスパーランドに次ぐ遠出でした。

昼前に元町駅に着いて中華街でお昼ご飯を食べた後、異人館に行くことになりました。私がグーグルマップで道を調べて、辿り着いたのは外国人系風俗店の「異人館」でした。

私は一人で爆笑して、彼を見たらめちゃくちゃ呆れてるんです。そこから説教が始まって、色々と言われながらハーバーランドまで歩きました。その彼とは6月に別れました。

 

昨日一人で元町駅周辺を歩きながらそんなことを思い出して、今の彼氏だったら一緒に笑っていい思い出にできたんだろうな〜そういえばいつも彼が地図見てくれるからもうずいぶんデートで地図見てないなぁ…なんて考えてました。

 

 

さて、今週末は一泊二日の家族旅行です。昨日はその買い出しもしてました。

毎年家族旅行に行ってたんですが、2年前は妹と私のダブル受験、去年は私がサークルの要領を掴めてなくて練習やらバイトやらで休みがなかったせいで今回は2年ぶりになります。

 

これは他人に誇れる自慢なのだけれど、うちの家族はすごく仲が良いです。お金が無いなりにわいわい楽しくやってます。

昔はそうでもなかったんだけど、ここ2年ぐらいは特に仲良しです。

 

最新の家族旅行は高2秋の横浜・鎌倉でした。

以前書いた人生の転機は高2の冬でそれを機に私は両親への態度を改めたり姉のプライドを捨てたりの成長ができて、それと妹の反抗期が終わったのがほぼ同時だったのでその辺りから家族仲が深まったように思います。だから今回の家族旅行は、今の仲の良い今井家になってから初めての家族旅行。

もうめちゃくちゃに楽しみです。

 

場所は、伊勢志摩です。この間お友達が行っていた地中海村にも行きます。

何かオススメがあったら教えてください〜〜

美容室の話

 

私、美容室が大好き。

 

新しい自分になれるし、なんといっても客というだけでたくさんのイケメンに話しかけられてとってもいい気分になれます。

 

今日は久々に丸一日オフになった(夜の予定のために練習を無しにした)ので、朝から美容室に行ってきました。予定を朝からにしないと夕方まで寝てしまうのであえての朝。

録画を消化しながら朝ごはんを食べて、早めに家を出て、自転車で駅までの坂を下りて、電車に乗りました。

 

行きつけの美容室は急行で1駅、隣の市の大きな駅から徒歩5分のところにあります。

最寄駅付近にも美容室はあるけれど、こうやってわざわざ行く特別感もとっても好きです。

 

担当の美容師さんには、高2の頃からお世話になっています。

当時好きだったミュージシャンに顔が似ていて、というかそのミュージシャンをイケメンにしたみたいな人で、駅でビラ配りをしているところに自分からビラを受け取りに行きました。

今私が大学生できてるのもこの人のおかげみたいなところがあって、よっぽどのことが無い限りは店変える予定もありません。

 

私、大学受験で結構苦戦したんですよね。

今の学部7回落ちて最後の最後にダメ元で受けた後期入試でやっとこさ受かったんです。

5回目と6回目の不合格通知が家に来た時に、もう無理だな、もう頑張れないなって思ってしまって、だからと言って他の大学や学部には興味話を持てなくて、もうやめて専門学校に行くつもりで長かった髪をばっさり切りに行ったんです。

美容室に行って、今の美容師さんにばっさばっさ切られながらもうちょっとだけ頑張ったら?ってなだめられて、結局ショートヘアーで最後の受験をしました。ボーダー+2点でした。

 

今でも時々、私なんで大学生になれたんだろうって思うこともあります。

あの時髪切りに行ってなかったら今頃どうなってたんだろうな〜って考えると想像もできなくて、美容室に行くたびに不思議な気持ちになります。

 

今日はセットしてもらった時のワックスがすごくいい匂いで、いい女になったような気分。るんるん

朝の電車の話

 

私は今、近鉄大阪線 大阪上本町快速急行の座席に腰を据え、ココロオークションを両耳からシャカシャカ流し込んでいます。

 

朝の快速急行

これから都会の拠点に向かう人々を詰め込んで、いくつもの駅をすっ飛ばして猛スピードで上本町を目指します。

 

今日も2,3駅で降りる女子高生二人組が扉のすぐ横で試験問題を言い合っている以外はみんな無言で、眠そうで、気だるそう。

 

 準急や普通と違って空席がなかなかできない快速急行は、停車駅が近づくと車内に独特の緊張感が走りますよね。

私もたいてい狙ってる側なんですけど、今日みたいに空席を勝ち取った人はこうやって悠々とその席取り合戦の様子を眺めます。

 

この時間って学生とかサラリーマンとか、たいてい現役で活動してる人たちだから優先席も何もなくて、ほんとに周りが全員敵同士みたい。

ぼーっとしてる間に空席ができて少し遠くにいた人が座ってあっ…って顔してる人とかよく見ます。でもそこは日本人、何事も無かったかのように大人しくつり革を握るんですよね。

 

網棚に荷物を置いてその下の席を仮押さえするみたいな暗黙のルールも面白いですよね、その人が降りるなんて分からないから賭けですよ。

 

春休みに入ってから全然乗ってなかったから、今日は久々のこの感じでした。

ほんとだとこの後鶴橋から学生だらけの普通に乗り換えて長瀬まで逆走するんだけど、今日は空いてるだろうなぁ。授業がある日は毎朝初詣みたい。

 

今朝はココロオークションの蝉時雨を改めてしっかり聴きました。

ギターボーカルの粟子さんが高校の先輩で、永遠の憧れであるとともに私たちが夢を捨てきれない原因でもある偉大なお方です。

ココロオークション 「蝉時雨」 [Music Video] - YouTube

 

春休みの話

 

毎日がどんどん過ぎてゆきます。

ここ3日間毎朝こたつで朝を迎えており、サークルの運動会に行かなかったのに節々が筋肉痛です。

 

春休み。始まってもう3週目です。はやいはやい。

私が所属しているアカペラサークルは3月に4回生の最後のライブがあり、4月からは新歓イベント期間に入るので、その両方の準備期間である春休みは1年でいちばん忙しくなります。

わたし、スケジュールアプリのサークルの予定は水色に設定してあるんですけど、去年も今年も春休みが水色になってて、これ将来見返したら自分に喝入れられるやつですきっと。

 

練習から次の練習まで3,4時間空いたり練習からバイトまでの間が微妙に時間が空いたりと、春休みにはどうしても埋まらない隙間時間が結構あって、

練習終わりにその場のメンバーと流れでお昼ご飯を食べに行ったり、空き教室で歌ったり昼寝をしたり、図書館で普段読まない本を読んみたり…何かしらして時間を潰します。

 

大学生になると時間の潰し方を覚える ってよく言いますけど、

時間を潰すって…潰すって…ねぇ…

めちゃめちゃ贅沢やん。。。

 

大金払って4年と学歴を買って、そんな限られた時間に最低限の勉強とやりたいことを詰め込んで、それでもこんなにも持て余して…

そんな、贅沢な春休みが、大学生活が、結構好きです。

 

わたしたち、かけがえのない毎日を生きてる。

毎日がかけがえのない日常です。

 

あ、今電車で隣をぱっと見たら絵に描いたような男子高校生が座っていました。らっきー

あーくんの話

 

あーくんには終電で帰った日に最寄駅で会う。

 

あーくんは徒歩でわたしは自転車。改札から駐輪場までの5分間にいろんな話をする。

あーくんも私も人の話をあまり聞かないので、いつ会っても今何で忙しいかの近況報告になる。昨日はバイトの勧誘をされて、今月30万稼ぐ話を聞いた。

 

あーくんは小中学校の同級生。小学校4年生から一緒のブラスバンドクラブに入っていた。

あーくんが私に告白したのは6年生の12月。バスの車窓から見える紅葉よりも綺麗だと言われて付き合った。今思えばわけがわからない口説き文句。

あーくんとのことは仲の良い友達2人にしか言わなかった。とはいえ小学生の私たちは何をするわけでもなく、毎日笑顔を交わし合う他には2月のバレンタインチョコを1人だけ豪華にしたのと、3月25日のあーくんの誕生日にファミマの無印のペンをお小遣いで買ったぐらいだった。

 

あーくんとは中学校1年生のとき同じクラスだった。

あーくんは陸上部に入った。彼女自慢をしたらしく、陸上部員に冷やかされた。

あーくんとは中学1年生の4月中に口外されたショックと冷やかされた恥ずかしさで別れた。

 

あーくんとはその後ちょっとだけ気まずかった。でも秋にネットの怪しい人に会おうと言われて悩んでいる私を叱ってくれた。それ以来元の関係に戻った。

 

あーくんとは高校は別々だった。

あーくんの行った高校は進学校ではなかった。あーくんは私が聞いたことのない大学に進学した。

 

あーくんは2回生にならずに大学を辞めていた。家の事情らしい。

あーくんはユニバで身を粉にして働いて、家にお金を入れている。冬前に会った日には明日から34連勤!と言っていた。

 

あーくんの今の彼女はユニバで知り合って付き合った「ユニ恋」だそうだ。

あーくんにも私にもちゃんとした恋人がいると思うと、なんだかすごくおもしろい。

 

あーくんとはいつもおつかれさま〜と言って別れる。心からのおつかれさまだ。

あーくんと次会うのはいつだろうなぁ…次会った時も堂々と話せるように私は私の毎日をしっかり生きよう。

仕事と恋愛と結婚の話

 

私は自分のやりたいことを仕事にしたい。

20年間生きてきて、やりたいこと以外が続いたためしが無い。自分が自信を持ってできること以外をやりたいとは思わない。つまり、得意なことしかできない。だからお金のための仕事は考えられない。好きなことを仕事にして、仕事に生きたい。

 

仕事と同じぐらいしたいのが、結婚。

この人!って心から言える人と結婚して、自分が育ったような楽しい家庭を築きたい。

 

仕事も、結婚も、少し前まで遠い未来の話だったのに、いつの間にかすぐそこにあって、

これからの決断の一つ一つがそれに直結していくことに私は気付いてしまった。

母が19歳の頃に両親が出会って8年付き合った後結婚したっていうのを知っていて、自分にとっての結婚に対する基準がそこにあったから、もう、なんというか。。。

私もう20歳ですよ。ヒィィ

 

 

いちばん眼前にある決断は、やっぱり就活。

後悔しないだけの準備をするのはもちろんなんだけど、何が重要かって、勤務地。

 

現在私には彼氏がいて、この人と結婚したいなぁと今のところ本気で思ってます。

彼の就職先は本社が東京にあって、5,6年以内には本社勤務になるかもしれないらしい。

わたしの就職は順調に行けば2年後だから、いろいろと際どいところです。

 

例えば私が東京で就職していしはらくんの異動を待つとする。

タイミングがほぼ同じだったら何も言うことは無いんだけど、3年遠距離とかもありあるだろうし、いしはらくんが何があっても今の会社に居続けるとは限らないだろうし、

東京での就職は一世一代の賭けなわけですよ。

 

じゃあ大阪で就職したらどうなるかと言えば、

彼との関係はそのままだし、就職と同時に同棲することだって可能で、

でも彼が東京に転勤になったら私は仕事を多少犠牲にすることになるかもしれない。東京に本社がある会社に就職できれば、異動希望は出せるかもしれないけど、そんなに融通が利くとは限らない。

 

今の私は仕事を知らないからこういう優先順位だけれど、就職して、やり甲斐を持てたら、また考えは変わってくるだろうし…。

 

それに、遠距離って…遠距離ってねぇ…なに?笑

このブログでは特に度々めちゃくちゃ惚気ておいてこんなことを言うのもなんですが、私の中で“交際相手”というのは

尊敬できる親友 兼 融通の利くセフレ

だと思ってるんですね。

私が散々惚気てるエピソードって、別に彼氏じゃなくてよくって、親友みたいに、信頼できる最強の他人みたいな人でもいいわけなんですよ。

それが男と女だから、しかも信頼できるから、何かと世間体を気にしなきゃいけない、リスクを伴うこともお任せしましょう。みたいなね。

…こんなこと冷静に文に起こしたらなんだか愛が無いみたいだけど、愛着なんか後からいくらでも湧くからね。どこが好きかわからない、全然合わない相手とだって長く付き合ったら別れにくいのと一緒で。

 

それから、親友は人数に制限がないけど夫婦になれるのは1人だから、

結婚したい相手との仮契約も兼ねてるかなぁと思います。

 

遠距離恋愛って、仮契約と親友的絆だけを頼りにしないといけないじゃないですか。

それってかなり過酷なことですよね。信じれば信じるほど疑わしくなるし、何も思わないと薄れていくし。

それに、会えない間もお互い動物的な欲はあるわけで、

そうなると手っ取り早く処理できる相手も欲しくなるわけで、

他にいくらでも人間はいるのに、お互いにこだわっておくのがすごく邪魔くさくなると思う。

 

 今の彼氏は人間として大好きで、こんな人と結婚したいなぁと思って告白した。というか、交際の話を持ちかけた。

彼なら私じゃなくても幸せになれると思う。私とでも幸せになってくれると思う。

私も、そう言える相手が彼以外にも世界中探せばどこかにいるだろうけど、

先のことはわからないし、なにより現状に大満足している。だからできることなら手放したくない。

 

だから、心からやりたい仕事しかしないことを大前提として、

最優先事項は“今の彼との今後”でいいのかなぁと。本当にいいのかはいつか後悔するまで分からないけど、

私はこれまで、その時々の最良の決断をしてきたから、今の自分が良いって言ってるならそれでいいかなぁと。思う。

 

…書いてる途中に寝落ちると朝読んで重くなるよね。