手紙②

 

このまま、25歳の自分宛に手紙を書くことにする。

 

 

25歳の自分へ└|∵|┐

 

元気ですか。今は2017年1月7日(土) もうすぐ成人式です。

前回自分へ手紙を書いてから5年が経ちました。5年前は、今の自分を全く想像できませんでした。そこまでとは言わないけれど、これから5年もあればいろいろ変わるんだろうなぁと思っています。

例えば、私は大学受験期に髪をバッサリ切ってしまってからショートの快適さを思い出し、ボブキャラに転身しました。ちなみに今日初めてぱっつん卒業宣言を美容師の福田さんにしたところです。今の私はどんな髪型ですか?正直自分がボブのおばさんになることは想像できないので、年相応になってることを願います。

 

私の幼い頃からの人生設計では、25歳で結婚することになっていますよね。どうなっているのでしょうか。結婚しましたか??

今の私には付き合って1年3ヶ月になる彼氏がいます。そしてその人と結婚すると現時点で確信しています。実際はどうですか?

 

確信なんてその一瞬一瞬でするものなのですね。5年前私が全てだったものを、私は手紙を読むまですっかり忘れていました。

今は、歌が全てです。人前で歌い始めて今年で6年目です。まだ歌っていますか?

 

最近の不安は就職についてです。有難いことに、やりたいことも一緒にいたい人もいます。それをどっちも取ろうとしています。どんな決断をしましたか?後悔はありませんか?

 

少しは素敵な自分になっているのでしょうか。

今の私は、5年前と比べたら全然マシにはなりましたが、まだまだ全然ダメです。

自分に自信を持っていて、怖いものなんて何もなかった5年前を思うと、そういう意味ではダメが増しているかもしれません。

3年前に自分が大嫌いになって、ちょっとずつ好きになっていっている途中です。

どんな自分も自分です。こんな私も5年後のあなたは好きでいてください。

 

そして、5年後も未来は自分の手で開く私であってください。

好きな人には自分から告白する、悔しい思いをバネに努力する、目標は高く掲げて最後には達成してしまう私であってください。

極限少女節が何なのか、ハッキリとは覚えていないけれど、多分これです。

自分の気持ちを大切に、周りで支えてくれる人を忘れずに、自分にも人にも思いやりを持って生きてください。

 

20歳の自分より