読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな音楽の話

 

中学の頃夢中で聴いてた曲、この間聴いたら歌があんまり上手くなくて当時ほどワクワクしなかった。

そういうの、割とよくあるよね。

大好きだった憧れの先輩の演奏を何年か後に聴いたら色々見えて、あぁ大したことなかってんなーって思ったりとか。

自分の成長がちょっとだけ嬉しい反面、かなり寂しい。

 

それでも、自分を夢中にさせた何かがそこにはあるわけで、その気持ちだけはずっと大切にしたいなぁと、バイト帰りに改めて赤飯を聴きながら思いました。

 

よし、今日は私が好きだった音楽について思い出せる範囲で書こう。

 

 

私にはカラオケが大好きな大工の祖父がいて、物心ついた時には工務店にある自前のカラオケ機材で童謡を歌っているような子だったらしい。歌が好きなのはは祖父の影響。

 

自分の記憶の中でいちばん最初にハマったのは、ミニモニだったなぁ。

音楽というか、ミニモニが大好きだった。

パジャマとか、耳あてとか、いろんなミニモニグッズを身に付けてた覚えがある。

ちなみに今で言う「推し」は、かごちゃん。

f:id:tigerandrummy:20170119004350j:image

何の曲かまでは忘れたけど、かごちゃんのこの衣装がめちゃくちゃ好きだった。

自分もこんな風になりたいなぁって思ってたな〜〜

f:id:tigerandrummy:20170119004637j:image

幼稚園の卒園文集。

ちなみにもう1人のやまもとゆかちゃんは、週2ぐらいでアイドルごっこをしてた友達で、現在はシンガーソングライター。

Yuka. (@music__yuka) | Twitter

 

小学校に入ってからは、ミニモニが解散して、そのあとはちょっとモー娘。も好きだったかなぁ…

小4で嵐が好きになって、小5はオレンジレンジ聴いてて、小6はハロプロBuono!ヘキサゴンファミリーにハマって…その辺りはミーハーというかまぁテレビに出てる人が全てだったと思う。

ドラマの主題歌をそのクールごとにCDにしたり、Mステのホームページから曲を調べてYouTubeで落としたり…

体育はBPM120ぐらいの曲を集めて流してたように思う。

小5で放送委員になって、給食の時間に校内放送で流行りの曲を流してたなぁ。

今私はサークルの機材班でSEとかBGMを流してるんだけど、今思えばこの頃からこんなことしてたなぁ…

 

中1。Lil'BとかJulietとか西野カナとか、流行りに乗った1学期。

そして秋、友達の影響でいわゆるヲタクになりました。

ちゃんと自分の意思を伴って音楽を聴くようになったのはこの頃からかな。

 

銀魂好きの友達が教えてくれた沖田×神楽のMADで、初めてボカロや歌い手の存在を知ります。

【沖神】ワールドイズマイン アナザーVer - YouTube

あにまさんが歌う「ワールドイズマイン」。

この後原曲を聴いて、あぁ初音ミクってこれか!ってなって、関連動画に飛んで、気付けばちゃんとボカロにハマってました。

 

簡単に説明すると、ボカロっていうのは入力した言葉を設定した音程・リズムで歌ってくれるYAMAHAの音声ソフト

ネット上にはいろんな人(ボカロのプロデューサーでボカロP)が作詞・作曲した曲が転がってて、それを聴いた歌が上手い人たちが今度は自分で歌ってネットに投稿。これが歌い手の歌ってみた。

私が見た沖神のMADは、沖田のイメージに合わせてあにまさんの歌ってみたを動画に付けたものでした。

 

このワールドイズマインは、知ってる人もいるんじゃないかな、supercellの曲です。

supercellで一番有名なのは何と言っても「君の知らない物語」だよね~

でもあれ人の声やん!っていう人もいると思うんですけど、あれもまぁ言えば一種の歌ってみたなんですよね。

supercellはryoさんという人が曲を作り、それをボカロや歌い手が歌って、絵師やプロジェクトチームがPVを付けるという形を取っているクリエイター集団なんです。

 

まぁ、そんな王道から入って、どんどん深みにハマっていったわけです。

分かりやすい厨二病だったから、基本短調で漢字が多かったり怪しい感じの曲を好んでたなぁ…

この頃覚えた熟語は、たまぁにレポートとかで役立ってるよ✌︎('ω'✌︎ )

 

やっぱり私は歌が好きだから、ひとつの曲を色んな人が歌ってるのを聞き比べたりをよくしてたんだけど、歌い手に多数ハマる中で出会ったのが赤飯でした。

赤飯さんは多声類と呼ばれる歌い手で、女声と男声を使い分ける、3.5オクターブの歌声の持ち主。

ひとりでデュエットもするし、マキシマムザホルモンも全パート歌うし、すっごくパワフルでコミカルでかっこよくって可愛くて面白くて素敵です。

コツコツ貯めたアニメイトポイントでアルバム買ったな〜

多分台詞も全部覚えてた。

誰かさんも書いてたけど、私もおせきはんと同じ髪型してたなぁ〜〜二次元のイメージイラスト(イケメン)と三次元のキモヲタ(腐女子)じゃ全然違うのにな〜〜

 

その頃流行ってた歌い手は、ネタとかイロモノで人々をびっくりさせて力づくで人気者になってるイメージがある。それが、私が受験期で1年間ネットを禁止されてる間に歌が上手い正統派の時代がじわじわとやって来ていたように思う。

 

高1。軽音部入部。

今まで聞かなかった邦ロックを聴くようになります。

好きになったバンドは、チャットモンチーUNISON SQUARE GARDEN

と同時進行で正統派歌い手のりぶさんも好きだったなぁ。

中3の春休みに遅れを取り戻すかのように書き込んでからずーっと好きで、でもニコ動に曲を漁りに行く時間は中学の頃より圧倒的に少ないかったから、アルバムに入ってる曲をずーっと聴いてた。

りぶさんのアルバムの中で、やたらと歌詞に惹かれる曲が1曲あった。気になってニコ動に飛んだらPVもめちゃくちゃ良くて、そこで初めてボカロPのみきとPを認識した。

サリシノハラ 歌ってみた【りぶ】 +mp3 - YouTube

これ、サシハラリノ(指原莉乃)のアナグラムなんです。並べ替え。まずそのセンスに脱帽。

それから歌詞がね、すごく良いんです。なんとも言えない。これが好きな人とは本の趣味も合いそう。

 

高2秋、初めてボカロ系のライブに参戦。

いつも家でひとりで見てる画面が巨大スクリーンに映し出されて、そこにいる人は私と同じようにそれを何度も聴いてるから歌えて、歌い手がいつこっちにマイクを向けてもみんながちゃんと歌える。すごいよね、ファンが集うライブって。

そこで私は初めてみきとPを見ます。お兄さんとは言い難い、ちょっと疲れた感じの、メガネの男の人。すごく普通の人。

静かな会場に響く、聞き覚えのあるコード。

サリシノハラ。

楽しい曲はたくさんあったのに、一番記憶に残ったのはこの曲でした。

この時、冬に出るアルバムの購入を決めました。

 

そして高2の冬。以前懺悔したあの大失態。

みんなが舞洲アリーナでリハーサルをしている日、私は補習で学校にいて、

学校から駅は歩いて30分。いつもはみんなと話しながらであっという間のその道も、冬場にひとりで歩くには長すぎて、その日私は学校に置いてあった荷物を全部持って、2時間に1本のバスに乗った。

そこで、買ったばかりのみきとPのアルバムをウォークマンから再生。

 

傷付いた心を柔く掻き乱すようなギター、緩くカーブを描くベース、想いを溢れさせたドラム、次の瞬間には違う表情を見せるシンセ、想いの全てを込めた歌詞…

、そんなみきとさんの曲が、微熱を帯びて耳から流れ込むような、そんな感覚。

 

ただの明るい曲は1曲もなくて、もうこの上なく暗いか、まぁまぁ暗いか、色々あるよね系か、どれも無理に前を向かせようとしないから楽だった。

 

その日から私は毎日みきとさんの曲を聴くようになったんだったなー

すがるものが他になかったからかもしれないけれど、当時の私にとってはかけがえのない心の支えだった。

今聴くと、あぁあの頃よりもこんなに余裕を持って聴けるなぁって。

あの頃これ聴きながら毎日生きて偉かったぞ、おかげで今こんな気持ちで聴けるぞって。なる。

 

大学に入ってからはアカペラで今までよりもずーっとたくさんの音楽を聴くようになって、すっかりボカロから遠ざかってしまったけれど、やっぱりたまに聴くと私の好きな音楽はこれなんだなぁって確信する。聴き方は変わっても、好きなものは好きなまま。

 

このブログタイトルも、みきとPの「きゅりあす」の歌詞から取ってます。最初から好きなものは好き!!じゃなくて、色々考えた結果やっぱりここに行き着くんです。好きなものは好き、じゃダメですか?って曲。

【みきとP/ mikitoP】きゅりあす/ curious - YouTube

 

 

今日は12時には寝る予定だったのになー…

好きなものについて書き出すと止まらなくてびっくり。3時間もかかった。

 

あーーちょっとみきと回作る!ちゃんとプレゼンする!!

 

とりあえず大好きな1曲だけリンク貼っとこ。

【みきとP/ mikitoP】しゃったーちゃんす/IA /MV - YouTube