読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分は何者かという話

 

ラミーこと今井優希、20歳 シンガー。

 

いきなりになるけど、私は自分のことを1人のシンガーだと思ってます。かれこれ3年ぐらい。言い方がアレなだけで別に歌手とか歌い手でもいい。

自分の歌の腕前がどうだとかプロになりたいとかそういうことではなく、
自分のことを歌を生業としている人間だと認識しているというだけの話。


小中学校では吹奏楽、高校では軽音楽を経験し、現在はアカペラに挑戦しているシンガー。
平日は大学でマスメディアについて学んでいるシンガー。
休みの日は活動資金を稼ぐために丼ぶり屋と風呂屋でバイトをしているシンガー。

 

私のツイッターはシンガー ラミーの公式アカウントで、裏垢はプライベートアカウント。

カラオケもライブで歌うのも好きだけど、趣味ではない。本業。

大学卒業後はシンガーの経験を生かしてライブ制作がしたいです。


読んでみたらなんかおかしいけど、割と本心から思ってることではある。
バイト先とか学部のそんなに仲良くない人に対しては、私の本当を姿を知らない相手としての距離感で接してる。

 

大学生の趣味の一環としてアカペラをやっている人とは一緒にされたくない。と言ったらなんか嫌味ったらしいけど、じゃあ訊くけどあなたはシンガーですか?私はシンガーです。みたいなことをプライドとして持っている。

 

音楽の格とかそういうことではなく狭さ的な意味で

アカペラごときで、ましてやサークルごときでそこそこの演奏をしてる鼻高い人はちょっと敬遠してます。

 

だから何?と言われればそれまでのことで、

でも自分が何者かって知っておくことって結構大事なことかなって思ってます。

少なくとも、私にとっては。

 

私が自己を保ててるのは、胸を張って私はこういう者ですって言える歌があるから。

私から歌を取ったら何にも残らないと思ってます。

 

それも踏まえて、私は楽しくのびのび自分の歌を歌える人っていうのが好きで好きでたまらない。

私みたいに難しいことなんて考えない、ただ歌うことが好きでたまらない!そんな人を心から尊敬しています。そしてそんな人と一緒に音楽がしたい。私もそんな音楽がしたい。

 

それから、歌を取ったら何も残らないとは言っても、そこにはただの人間・今井優希は確かに存在するわけで、

そんな、自分では何の価値も見出せないただの今井優希と仲良くしてくれる 心を許してくれる 話を聞いてくれる そんな人っていうのはすごくすごく尊い存在。大事にしたいなぁと思う。

 

このブログに書いてることは、たいていただの今井優希の独り言です。いつもありがとうございます。

これからも、シンガー ラミーの中の人をよろしくお願いします。