読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と恋愛と結婚の話

 

私は自分のやりたいことを仕事にしたい。

20年間生きてきて、やりたいこと以外が続いたためしが無い。自分が自信を持ってできること以外をやりたいとは思わない。つまり、得意なことしかできない。だからお金のための仕事は考えられない。好きなことを仕事にして、仕事に生きたい。

 

仕事と同じぐらいしたいのが、結婚。

この人!って心から言える人と結婚して、自分が育ったような楽しい家庭を築きたい。

 

仕事も、結婚も、少し前まで遠い未来の話だったのに、いつの間にかすぐそこにあって、

これからの決断の一つ一つがそれに直結していくことに私は気付いてしまった。

母が19歳の頃に両親が出会って8年付き合った後結婚したっていうのを知っていて、自分にとっての結婚に対する基準がそこにあったから、もう、なんというか。。。

私もう20歳ですよ。ヒィィ

 

 

いちばん眼前にある決断は、やっぱり就活。

後悔しないだけの準備をするのはもちろんなんだけど、何が重要かって、勤務地。

 

現在私にはいしはらくんという彼氏がいて、この人と結婚したいなぁと今のところ本気で思ってます。

いしはらくんの就職先は本社が東京にあって、5,6年以内には本社勤務になるのはほぼ確定。

わたしの就職は順調に行けば2年後だから、いろいろと際どいところです。

 

例えば私が東京で就職していしはらくんの異動を待つとする。

タイミングがほぼ同じだったら何も言うことは無いんだけど、3年遠距離とかもありあるだろうし、いしはらくんが何があっても今の会社に居続けるとは限らないだろうし、

東京での就職は一世一代の賭けなわけですよ。

 

じゃあ大阪で就職したらどうなるかと言えば、

いしはらくんとの関係はそのままだし、就職と同時に同棲することだって可能で、

でもいしはらくんが東京に転勤になったら私は仕事を多少犠牲にすることになるかもしれない。東京に本社がある会社に就職できれば、異動希望は出せるかもしれないけど、そんなに融通が利くとは限らない。

 

今の私は仕事を知らないからこういう優先順位だけれど、就職して、やり甲斐を持てたら、また考えは変わってくるだろうし…。

 

それに、遠距離って…遠距離ってねぇ…なに?笑

このブログでは特に度々めちゃくちゃ惚気ておいてこんなことを言うのもなんですが、私の中で“交際相手”というのは

尊敬できる親友 兼 融通の利くセフレ

だと思ってるんですね。

私が散々惚気てるエピソードって、別に彼氏じゃなくてよくって、親友みたいに、信頼できる最強の他人みたいな人でもいいわけなんですよ。

それが男と女だから、しかも信頼できるから、何かと世間体を気にしなきゃいけない、リスクを伴うこともお任せしましょう。みたいなね。

…こんなこと冷静に文に起こしたらなんだか愛が無いみたいだけど、愛着なんか後からいくらでも湧くからね。どこが好きかわからない、全然合わない相手とだって長く付き合ったら別れにくいのと一緒で。

 

それから、親友は人数に制限がないけど夫婦になれるのは1人だから、

結婚したい相手との仮契約も兼ねてるかなぁと思います。

 

遠距離恋愛って、仮契約と親友的絆だけを頼りにしないといけないじゃないですか。

それってかなり過酷なことですよね。信じれば信じるほど疑わしくなるし、何も思わないと薄れていくし。

それに、会えない間もお互い動物的な欲はあるわけで、

そうなると手っ取り早く処理できる相手も欲しくなるわけで、

他にいくらでも人間はいるのに、お互いにこだわっておくのがすごく邪魔くさくなると思う。

 

 いしはらくんのことは人間として大好きで、こんな人と結婚したいなぁと思って告白した。というか、交際の話を持ちかけた。

いしはらくんなら私じゃなくても幸せになれると思う。私とでも幸せになってくれると思う。

私も、そう言える相手がいしはらくん以外にも世界中探せばどこかにいるだろうけど、

先のことはわからないし、なにより現状に大満足している。だからできることなら手放したくない。

 

だから、心からやりたい仕事しかしないことを大前提として、

最優先事項は いしはらくんとの今後 でいいのかなぁと。本当にいいのかはいつか後悔するまで分からないけど、

私はこれまで、その時々の最良の決断をしてきたから、今の自分が良いって言ってるならそれでいいかなぁと。思う。

 

…書いてる途中に寝落ちると朝読んで重くなるよね。

今日は3年ぶりのユニバ!いぇーーーい☝︎☝︎