読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝の電車の話

 

私は今、近鉄大阪線 大阪上本町快速急行の座席に腰を据え、ココロオークションを両耳からシャカシャカ流し込んでいます。

 

朝の快速急行

これから都会の拠点に向かう人々を詰め込んで、いくつもの駅をすっ飛ばして猛スピードで上本町を目指します。

 

今日も2,3駅で降りる女子高生二人組が扉のすぐ横で試験問題を言い合っている以外はみんな無言で、眠そうで、気だるそう。

 

 準急や普通と違って空席がなかなかできない快速急行は、停車駅が近づくと車内に独特の緊張感が走りますよね。

私もたいてい狙ってる側なんですけど、今日みたいに空席を勝ち取った人はこうやって悠々とその席取り合戦の様子を眺めます。

 

この時間って学生とかサラリーマンとか、たいてい現役で活動してる人たちだから優先席も何もなくて、ほんとに周りが全員敵同士みたい。

ぼーっとしてる間に空席ができて少し遠くにいた人が座ってあっ…って顔してる人とかよく見ます。でもそこは日本人、何事も無かったかのように大人しくつり革を握るんですよね。

 

網棚に荷物を置いてその下の席を仮押さえするみたいな暗黙のルールも面白いですよね、その人が降りるなんて分からないから賭けですよ。

 

春休みに入ってから全然乗ってなかったから、今日は久々のこの感じでした。

ほんとだとこの後鶴橋から学生だらけの普通に乗り換えて長瀬まで逆走するんだけど、今日は空いてるだろうなぁ。授業がある日は毎朝初詣みたい。

 

今朝はココロオークションの蝉時雨を改めてしっかり聴きました。

ギターボーカルの粟子さんが高校の先輩で、永遠の憧れであるとともに私たちが夢を捨てきれない原因でもある偉大なお方です。

ココロオークション 「蝉時雨」 [Music Video] - YouTube