読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な素敵なドライブの話

 

今週末には4月だというのにまだまだ夜は寒いですね。

最近は昼間に重いコートを持って歩くのが煩わしくって薄手のブルゾンで出かけることが多いのですが、毎晩地元に帰ってきて後悔します。

 

さて、

楽しいことがあって、それを言葉にするという作業。

これってすごく難しいですね。

楽しかった気持ちが強ければ強いほどそれに見合う言葉のハードルが高くなって、何を言ってもしっくりこない。

今日はそんなこんなでもう3日も書き出しに悩んでいた更新です。

 

先日、いしはらくんが綺麗な夜景を見せてくれました。仕事終わりのいしはらくんの運転で兵庫県の山に行きました。

夜のドライブといえば家に送ってもらう以外はたった1回男友達のスポーツカーで低音をドゥンドゥン響かせながらワンオクを熱唱したそれっきりで、彼氏の運転で夜景を見に行くなんてそんなロマンチックな出来事に私はルンルンでした。

 

先に女友達とディナー😋🍽を楽しんで、解散してからいしはらくんを待ちました。

化粧を直したり、この日のために作ったiPhoneのプレイリストを確認したりしながら夜の天王寺を30分ほどうろうろしました。

 

ところで待ち合わせってなんか良くないですか??

私は付き合ってもうすぐで1年半になりますが未だに毎回ドキドキします。

会う直前に化粧を直しているときの自分ってちょっと好き。夜に会う日なんかはみんなが疲れた顔でバイト先の更衣室やトイレを去って行くなか私はもうすぐ会えるワクワクでしゃきんとしていて、待ち合わせ場所までの足取りがとっても軽くなります。

 

わざわざ夜景を見に行ったのも初めてだったんですけど、いやぁすごかったですね。とってもとっても綺麗でした。

いしはらくんは夜景が近づいてきたら「いいよって言うまで下向いとき」って言ってくれて車から降りたらジャーーーン!!っていうのをやってくれたんですけど、感動のあまり寒さなんてありませんでした。

 

いしはらくんは私がふらついたらすかさずガシッと支えくれます。

それって去年のサークルの帰りにみんなで電車に乗っているときにふらついた女の子を助けてあげていた大好きな先輩の姿なんです。

わざとよろけることは絶対に無いけれど、いつでもよろけられる絶対的な安心感の下いつもお隣を歩かせてもらっています。

 

この日もやっぱり段差でよろけて、いしはらくんがギュッと手を握ってそのまま繋いでいてくれました。流石だなぁと幸福感に満たされながらも、ここに来る前にいしはらくんが

付き合う前の女の子を喜ばせようと頑張って行くようなとこ、と何の気なしに(もしくは実体験を踏まえて、まぁこれはどっちでもいいです)言っていたのが何となく頭に残っていて、

これが付き合っていない2人だったらどうしてたんだろうなぁ…足場が安全なところまですみませんとかありがとうございますとか言いながらつかまらせてもらって、そのあとは隣にいるのにゼロ距離にはなれない手も繋げないもどかしさと、2人っきりで夜景を見ている幸せでドキドキするんだろうなぁ…って、付き合う前に戻ってもう一度来たくなりました。

付き合う前に連れてきてもらった女性がいるのなら羨ましすぎるぜ(さっきどっちでもいいとか言いながら)☆〜(ゝ。∂)

 

道中はずっとアカペラの話でした。

先日の卒業ライブの感想を言い合うなかで、いくつか褒めてもらいました。何を隠そういしはらくん、もといばしょうさんは私をアカペラ界に放ってくれた恩人ですから、この方からのお褒めの言葉ほど嬉しいものはありません。

良くも悪くも大体歌いこなしてしまうからリードが印象に残らないよね〜みたいな話も。普段誰も言ってくれない、本当に私の歌を好きでいてくれる人の意見でとっても嬉しかったです。そしてそのまま今組んでいるバンドの相談もしました。

高校から合わせて5年ほど歌う環境に身を置いて分かったんですけど、どれだけ上手い人から上手いねって言ってもらっても、どれだけ上手い人だらけのバンドでリードをさせてもらっても、やっぱり自分の歌をいちばんわかってるのって自分なんですよね。憧れの先輩にリードで誘ってもらっても、その先輩よりも自分のほうが自分の得意も不得意もわかっている。だから時には断ることも必要で、もっとよく歌える代わりの案を提案するぐらいじゃないといけない。

そんな判断を、私は決断する前にいしはらくんに相談します。自分ともう一人、自分と同じぐらい自分の歌について考えてくれる人がいるのはとっても幸せなことです。感謝してもしきれないなぁ〜〜

こんなんじゃこれから別れるようなことがあればどうしたらいいんだろう。別れても先輩後輩の関係だけはしっかり残ってほしいものです。あ、でも全然別れたくないです。

 

夜景も見れて、俄然アカペラにもやる気が出て、とっても素敵な夜でした。にっこり。

 

さて、サークルは今日から新歓シーズンに突入です。怒涛のビラ配り。

去年先輩達が言ってたんですけど、ばしょうさんってビラ配りめちゃくちゃ上手かったらしいです。でしょうねって感じですね。にやにや。

今日から渡す一枚一枚が未来のサークル員に繋がるって思ったらなんかすごいですよね。私もぺりおさんっていう好青年にビラ貰って行きます!って即答したのを覚えています。あぁ懐かしい。

音楽が好きな人や歌がすっごく上手い人が平然と私たちの前を歩いていると思うとゾクゾクしますね。それがこのビラをきっかけに私たちを知って、半年後とかには自分とハモってるかもしれない。すごぉい。ビラ配りめんどくさかったけどなんかやる気出てきました。