読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼馴染の話

 

2日前、幼馴染のよーちゃんとしょーちゃんと会いました。

  

f:id:tigerandrummy:20170401172856j:image

物心がついた頃には公園で一緒に遊んでいた公園メンバーのうちの、特に言うことをきかない落ち着きのない3人組。

幼稚園がばらばらになって、中学でまた一緒になったけど思春期でほとんど会話もなくて、また高校はばらばらでした。

 

3日前の夜、よーちゃんから

明日空いてたら3人で会おう、と連絡があって

約15年ぶりの集合。

 

よーちゃんは家庭教師とバーのバイトで月に10万以上稼ぎ、そのお金で美味しい料理やお酒を食べ歩いて勉強しているそうです。この日もよーちゃんオススメの店に連れて行ってくれました。
奈良の洋食屋に行って、ならまちを散策。野菜ソムリエが営むスムージー屋のスムージーを飲みながら猿沢池に行き、日が沈む前にバーに行って地酒やワインを飲みながらいろんな話をしました。

 

主な話題は昔話と、お母様ネットワークの噂の答え合わせ。

お母さん同士が今でも仲が良いのでそれぞれの近況はお母さん伝いで軽く聞いてはいたけれど、詳しいことはなにも知りませんでした。

 

お調子者のよーちゃんは今年で専門学生2年目になります。

中学からテニスに打ち込み、高校は県で2番目の進学校に合格。大学入試に失敗し、一昨年の1年間は浪人の道を選ばず東京で漁師見習いをしていたそうです。

 去年地元に新設された調理の専門学校に1期生として入学し、現在は主席だそうです。

 

好奇心旺盛なしょーちゃんはもうすぐ大学1回生。

小学校からずーっとサッカー少年。2浪の末、ようやく国公立に合格して今年から大学生です。原子の研究を6年間するらしく、卒業する頃には26歳です。

予備校代を気遣って早朝バイトもし、服はAmazonで買った上下千円コーデだったそう。

 

私の話で挙がったのは、

中学の生徒会長に懲りずに高校でも副会長をして制服を変えるまでしたこと(いい風に言ってくれた)

のど自慢に出たこと(2人とも家族全員で見てくれたらしい)

近大の入試を乱れ撃ちして後期で受かったこと(しょーちゃんは見習いなさいと言われてたらしい)

カラオケでバイトしてた頃に酔っ払いのおじさんに歌ったってよと言われて「歌いたいのは山々なんですけど〜」と愛想笑いしたこと(私も忘れてた)

などなど、結構ネタにされてることが分かりました。

 

本当に小さい頃に一緒にちょこまかして怒られていた2人。

思えば私はこの頃から私は、お姉さんグループと遊ぶよりも男の子の中に混じってちょけるのが好きでした。

そんな2人と、親抜きで会っての晩酌。

会ってない間に、3人それぞれいろんなことがありました。

みんな大きくなりました。

まさかこんな日がくるとはね〜とか言いながらお酒を味わいました。

気分が良くって、安心しきって、2杯でべろんべろんになってしまいました。駅まで2人の間をふらふら歩いて、トイレで吐いてる間も文句も言わず待っててくれて、電車で2人がけのシートをひっくり返して4人向かい合い席にしたらやれやれって感じで前に座ってくれました。

2人ともちゃんと家まで送ってくれるジェントルマンになってて感動。

 

ほんとうに、素敵な1日でした。

私にもこんな素敵な幼馴染がいたんだなぁ〜〜

次は春にお花見。よーちゃんのガチ弁当が楽しみです。