影に隠れた日焼けの跡がまるで初恋のようだ

 

過去に何度かこのブログで嫉妬について触れてきましたが、その相手が元彼とくっついたそうで。

 

……

………

 

めちゃくちゃ複雑な心境です!!!!!

 

別に驚きはしませんでした。案外スッと受け入れられました。だって想定内だったから。

でもそれがかえって、当時の不安や警戒心がそれだけ確信的なものだった証明で。

やっぱりそうじゃん〜〜!!!

結局そこじゃん〜〜!!ってなりました。

 

いつでもいいや〜って思ってたけどいよいよ荷物取りに行かないとだめですね。

ポストに鍵入れておいてもらって昼間に取りに行こうと思ってたんですけど、鉢合わせたくないしなぁ…。

いないとしても、もうそこは私が知ってる4ヶ月前の部屋じゃないんですもんね。家具の配置とかにおいはほとんど変わらないのに、もう違う人が生活してるんですもんね。しかも私のよく知る違う人が。

 

その人一つ上の先輩なんですけど、入部してすぐの後輩目から見ても異様に仲が良かったんですよ。

聞くところによると私が入るまではその人が推しメンだったそうです。

で、私が好きになって、早くしないと取られる!って思って告白したんです。

おそらく早い者勝ちでした。元彼本人も言ってました。

だからいつか取られるんじゃないかと心配で心配で、でもそれで態度を変えるも違うし、彼に言っても困らせるだけだし、

そうして私はいつからか、歌やバンド活動でその人を負かそうって、そういうところに闘志を燃やすようになってたんですよね。

昨年度の冬にその先輩に彼氏ができたことを知るまでずーーっと警戒していました。

 

25と23でしょ…多分結婚しますよね。

さっき友達からLINEで知らされて、そのあと

「結婚式呼ばれたら○○(その先輩のバンドの持ち曲)歌ってきてな!」って言われました。うるさいわ。練習しておきます。

 

 

以前にも同じように書いたかと思うんですけど、本人に対してどうこうっていうのは途中からほとんど無いんですよね。

なんていうんだろう嫉妬グセ?が付いちゃってて、反射的に胸の内からどろどろしたものが流れ出てくる感じなんです。

だから今のこのもやもやした気持ちにも本質はなくて、昔にちゃんと向き合わずに蓋をしたいろんな気持ちが目を覚ましてしまったというか。

こちらとしては、おぉまだいたのか!みたいな感じです。

 

 

久しぶりだな〜〜この感じ

というわけで、エモすぎて聴いていられない曲シリーズから1曲聴いています。当時とは違って、穏やかな気持ちで。

【初音ミク(ぐにょ)】つめあと【オリジナル】 - YouTube